五感を取り戻す!
           〜 汗が出るのを喜ぶ!

きものを着て178日❣️

b0174284_10233290.jpg
こんにちは!

「まさか、あの海には

きものじゃなかったでしょう?」

と、
 
古浦からの

フェイスブック動画を見た友人から

言われたのですが♡

ーーきもの だったのです❣️

^_^

上記の写真の通りです。(^O^)

ーーーーー
海と古代からの海上交通路と

島根半島の42浦ー

1300年前の  出雲国風土記で、

もう伝説になりかかっている

古社群    と、祭りの数々。


何か再発見できないかなと

多くの良い企み

計画

楽しみが


行われようとしています。

その1つの下見です。


次回は

ちゃんときものでも泳げるように

しておかなくては、ですねー。


次回の海では、違うものを着ていると

思います。

それは何かって?

お楽しみに〜❣️(^O^) 
ーーーーー

さてさて
この日は、そのあと消防操法大会と、

お茶席、バレーボール大会の応援に


行ったのです!! 


そのことは、別にアップしますね!

石州流のお茶会もね!

これもお楽しみに❣️

ーーーーー
ふだんきもの

さてさて
きもの、ですねー。

若い方は無論のこと

ある程度の年齢を重ねられた

方々に

とっても良いきもの、のお話です。

ふだんきもの、です。

袖を通すと

日本人って

本当に自然を大事にしていたのだなあ!

と思います。


麻をとても大切にしていたことも

分かるのです。

自然素材の気持ちよさは

身につけると

分かります❣️

綿の浴衣は、暖かいのですが(?!)

麻は涼しい❣️


少し前まで、睡眠不足と

働きすぎ

それから

ストレスで

体調壊してましたが


皆様のところにも

なかなか行けませんでした。

ごめんなさい。

でももう、大分よいのです。


それもきもの のおかげ。かな。


なんといっても

身体の中心、冷やさない❣️

あせをかくことができる!笑

だから、もちろん、毎日洗濯できる

綿麻とかの半襦袢、裾除け、きもの、です❣️

海でもしっかり海水を被ったので 

即  洗濯。

ネットに入れて洗濯機に放り込みます。


これは、絹ではできません。


やはり、ふだんは

木綿をきよう❣️


麻を着よう❣️

木綿は、スリーシーズン

着られますからね!


今はまだ、単衣ーひとえ、

の時期です

b0174284_10493956.jpg

b0174284_10494269.jpg
ひとえって、裏の付いていないきもの、のことです。
b0174284_10494453.jpg

汗が出て困る!

というひともおられますが

実は、それは困らないのです!

汗が出たら

デトックスなので、喜ぶべきなのです!

汗が出ないのが

一番困るのです!


夏ですが、

ストレスがたまったり

悩みが多いと

自然な汗が出なくなります。


体温が低いと、こうなります。

この状況は、実はおかしいのです。


サラサラした汗が

吹き出すようになれば

感謝!!です。


そのためには、

腎臓も肝臓も良くなる必要があります。
ーーーーー

では、

そういう自然なデトックスを

自然に受け入れて

熱を放出してくれる夏帯を

ご紹介。。


夏帯

b0174284_11003226.jpg
向こうが完全に透けている、

指が見えているのが

分かりますか?

半幅の

夏帯です。
b0174284_11003568.jpg
本麻の名古屋帯


b0174284_11003768.jpg
夏の絽の帯

b0174284_11003938.jpg
グリーンの夏帯。

友人にもらった
紅型の、夏帯。
b0174284_11004144.jpg

どれも

通気性がすごく良いのです。


あ、忘れてました。

芭蕉布の、半幅帯!

これは、きもの屋さんで

偶然見つけたもの。

麻よりしっかりして

戻りがいいです。

布の上をいく、上布、

無形民俗文化財を、纏うことができる

日本人って

幸せですね!
b0174284_11175097.jpg


夏には、絽とか、紗、とか、
羅、とか

ありますよ。


暑さ対策
私は、暑さ対策は
夏は、晒しの木綿布を巻きつける下着

です。


コーリンベルトは使わず

紐ー細い伊達締めがわりに

締められるものを使って

きものを纏います。

紐3本と、涼しい帯。

涼しい帯板で完了です。

実は、服より涼しく

クーラーにも暖かい。

このコツを是非貴女にも
貴方にも

お分けしたいです。

ふだんきものをどうぞ!

今日も明日もいい日に❣️

皆さまお元気で❣️





by mai-kitani | 2018-06-27 09:38 | きもの

着物を着て166日❣️

着物を着て166日❣️

昨晩は、せろのマスター。

僕もきもの、持ってるんですよ、と。


男性の皆様

どんどんお着物に

袖を通してくださいませ!


絶対似合いますから❣️

ファンが増えること、間違いなしです。


さて、今日は

免許の更新に行きますし

バタバタするので

しかも少し涼しい^ - ^❣️

紫陽花色の、木綿の紬の着物です。

長く下を向いているような

デスクワークのある時には

ゆったりと着るしかありませぬ❣️

b0174284_22114298.jpg
バックは。イングリッシュガーデン。

ちょっと逆光。

モデルさんが綺麗に見えます。

笑笑(^-^)❣️


皆様も是非、

自撮りおススメスポットですよ!

えーと

それから

自撮りなので

ごめんください。
b0174284_22114460.jpg



幅の狭い、昔ながらのエンジの

半幅の帯です。

ちょっと、上が

へらへらっとするのですが

幅が狭いとその分涼しいですよ!


帯締め
帯締めは、京都の古着屋さんで

面白いのありませんかと、

探してもらった細い帯締め。

白とグリーンのリバーシブル。昼夜のもので

重宝します。

一部、龍村の織物が付いているという

変りものです。笑



実は、本会議1日目の

写真撮影の時も、この着物でした。

お正月ではない、ということと

市政要覧に出す写真らしいので

一年中見ても、

冬でも夏でも

おかしくない色の濃さの着物を。


それと、敢えて

紬でいいんだよ!

木綿でも、ウールでもいいんだよ!


というメッセージを込めて

本会議初日は、青い紬。

に、涙型のイヤリング。



皆さま、気軽に着物を着て

歩いて見ませんか?


今日、マダム岸は、

涼しげな単衣の着物に

沖縄のミンサー帯❣️でした。




by mai-kitani | 2018-06-15 22:06 | きもの

着物を着て165日❣️

着物を着て165日❣️
 
          〜  母の気持ちがありがたい版


不昧公200年祭。

「今頃、何着るの?」

「帯は?」

という質問を

毎日、頂くようになりました!

基本は
好きなものを着る          
     〜  だめ?わからない?

^ - ^じゃね、

今日何着てるか

当分  おしらせしますね❣️

昨日も

「着付け習いたいんだけど

着物屋さんに行くのは

こわい!」

そうか、こわいー。なるほどね。
 
うーん、何か考えねば。
ーーー
では、

今日の私の着物はこれ!
b0174284_18372507.jpg
白い単衣の、赤い絣模様の、涼しい着物です。

母が嫁入り道具に

用意してくれたものの1つ。


初めて!
実は、

白状すると

今日初めて、袖を通した着物です。

まさか、夏に着物を着ることになるとは

思わなかったので

違うタンスの

奥の奥にしまいこんでありました!

どれぐらいって?

35年!!

流石に少し黄色がかったポイントも

ありますが

気にしない!!

帯は、これね。


b0174284_18372750.jpg

色は、真っ赤じゃなくて

少し、エンジとピンクがかっています。

中古で買った

半幅。長いめなので、
変わり結びが、しやすい。

どうしてこの帯になったのでしょう?


今日は、少し曇り空で、

そんなに暑くない日です。

試して見たけど
まずは
本麻の、涼しい紫の半幅を

締めようかと思って合わせて見たら

今日は、まだ早い感じがしました。


次に黒い半幅を締めたら

暑くて、重い感じ。

ということで

それで、

赤は、少し暖かい感じがするものですが、

きものの模様にもあるし

  素材的に風通しの良い赤い帯を締めて見ました。

綿絹   のような、風通しです。

帯締めは
涼しめに、かしこまって黄緑の帯締めで。

急に仕事で人に会うことも多いので

少しいい、帯締めをして

バランスを取りました。

ーーーーー
構図や、自然の中に生かされる
着物って、とても

自然と共存しているのです。

気候やお天気で

映える着物が変わります!


麻はとても涼しくて

日本人が麻を大事にした理由が

分かるのですが、それ以外にも


うつぎ紬  とか、

うつぎの木。


芭蕉、とかね。

もう材料だって

色々あるのですよ❣️


日本人って

凄いと思います。



夏こそ着物を着て❣️

そうすると日本人の気持ちが分かります。ー^ - ^なんてね

母は、かなり苦労して

遠いところにお嫁に行く

(京都から 松江へ)

娘に、似合う

きものを揃えてくれたんだなと、今になって

しみじみ思います。


もっともっと

色々なことを

聞いておきたかったな。

母に感謝して

袖を通しました。




by mai-kitani | 2018-06-14 18:30 | きもの