まず怒涛の波に身を任せるのではなく、スッと必要なところへ行って動いてしまいましょう。

昨日は雲ひとつない空でしたね!

冬になってきました。 

いかがお過ごしでしょう?
 
まず怒涛の波に身を任せるのではなく、スッと必要なところへ行って動いてしまいましょう。_b0174284_09560541.jpg

ここ出雲地方の中心地 松江では、

年末までは穏やかな天気で

年明けに雪が降るということも

あります。

今年は全く雪が無かったですけどね。

年末の予定も立て始めておられることでしょう。

道を選んで!
年末年始に出雲大社に、車でお出かけ予定の皆様、

大山スキー場の近くを通る

米子自動車道は、チェーン規制の

かかることがあります。

チェーンを携帯していない場合は、違う道を選んでくださいね!


まず怒涛の波に身を任せるのではなく、スッと必要なところへ行って動いてしまいましょう。_b0174284_09542780.jpg
議会だよりの表紙が楽しみ!
さて、29日は、議会だよりの表紙写真の

撮影のために、某保育所へ!

この写真を使う!ということが決まれば

映っている方々に

許可を得て掲載ということになります。

子どもさんの動いておられるところの

写真は、難しいですね!

丸山珈琲のチョコパイゲット
そのあと、道すがら、佐太神社へ。

それからだんだん家さんで

色々なお話をして

偶然来られた方といくつかのお話をすることができました。

うまくいくといいな!

まず怒涛の波に身を任せるのではなく、スッと必要なところへ行って動いてしまいましょう。_b0174284_10035710.jpg
だんだん家さんでは、丸山珈琲と、

丸山珈琲のプレミアムチョコパイをゲット。

丸山珈琲の軽井沢オープンの時の

チーズケーキも、とても美味しかったですよ!
ーーーーー
さかやさんに聞く
着物の、さかやさんでは

奥様に、今までの着物についての

疑問点を質問!


何しろ、着物を普段に1年着てみて

疑問に思ったのです。

おはしょりをとるこの形でずっときたの

だろうか?

大正時代の写真館の写真では、

おはしょりなどとっていないで

ついたけの着物。

上に羽織る

お引き摺り。


男性は、今でもついたけー身長と同じで

おはしょりを取らないーのです。


おはしょりを取らないほうが、

自然では?と。

もちろん、お引き摺りが正式の時でも

動いたり働いたりする時は

おはしょりをしていたでしょうが

普段はどうだったのでしょう?と。
まず怒涛の波に身を任せるのではなく、スッと必要なところへ行って動いてしまいましょう。_b0174284_10140348.jpg
着物 戦後の決定

お答えでは

いまのパターンが和装業界で

決まったのは、戦後のことだそうです。

まあ、戦時中は、モンペで

ついたけの着物、防空頭巾ですものね。
ーーー^_^

立て直す必要がありましたものね。


いずれにせよ、

ついたけー身長に合わせる

が、昔は普通だったそうです。

それに、少し細めの帯ですね。

やはりね。

ただ、着続けて、裾がだめになり

裾を切って切って、き続けるときには

ついたけではなく、

おはしょりがあるほうがいいと。

確かに!、これも当然ですね!

まあ、

今頃

京都などで、学生さんが

クラシカルな着物を実に自由に

着こなし始めているのは、

当然のことなのですね。


細帯の代わりに、太いベルト。


スカートのようなハカマも、

明治になってからの発明ですし

だから、スカートをハカマのように

きたりしているのですね。


大正時代にも色々な着方がありましたし


着物も若い人によって

色々進化すると楽しいなぁ、と

思いました。


もちろん、おしゃれ心は

大切ですね!


私は髪が伸びてきて

おしゃれ心が全体に不足し

扱いづらくなったので

この際、バッサリ切りました。

数十センチ。
まず怒涛の波に身を任せるのではなく、スッと必要なところへ行って動いてしまいましょう。_b0174284_10280590.jpg




若い人たちが、シンプルに軽く

短距離で心も動いているのをみたりすると、

自分もこんなふうに戻りたいなあ!

と思います。

マヤカシや、

悪口で

攻撃し合い

大袈裟に自分を大きく見せ合う

昭和の常識よりも、

シンプル爽やかな令和が

いい、と思います。

10年、政治の内部から見てきましたが

動きかたをシンプルにしないから

社会が動かないのです。

300倍のエネルギーをかけて

やっていることを大きく見せて

沢山の人を振り回しても

1ミリも良い方に社会が動かないのでは

仕方がない。


誰も気が付かなくても

スッと1センチ動かしたほうが、

みんなが幸せになる。

と思うのですね。


気が付かれて偽善的だとか言われても

気にせず

信念のある好きなことをやる

いや、そんなに思い込まなくても、気にせず

できることをやればいい


人間も少ないんだから。

そんなふうに時代は、

変わってきていますよ!


論評してる場合ではないなと。



まずは怒濤の波に呑まれて身を任せ

みんなでそこでエネルギー消費するのではなく

その下をスッと通って1センチでも1メートルでも。分かる人だけでも。

ーーーーー
今日も明日もいい日にお過ごしください❣️

by mai-kitani | 2019-12-01 09:46 | まい日

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以