中村元記念館の授賞式と 明治維新以来私たちが失ってきたもの

中村元東洋思想文化賞 第5回授賞式

2019.10.19

世界の東洋哲学史上の巨星

中村元氏の蔵書数万冊を所蔵する

中村元記念館は、

松江市八束町にあります。


毎年、東洋思想に関する優秀な論文に対して、賞が贈られます。

b0174284_15024692.jpg
受賞の要件

この賞は、学部や院などの

卒業時の論文に与えられるもので

学校からの推薦が必要です。

自薦の論文は審査対象外です、
b0174284_15024964.jpg


非常に難解で高度な思考を駆使して

優秀な若者たちが研究するのは

素晴らしいことだし、


日本も捨てたものではないなといつも思います。


クシャーナ朝や、龍樹、

サンスクリット語といった

世界史以来、あまり目にすることのない

言葉や考えにも触れることができます。


この授賞式に出席する楽しみのひとつは

一位になった若い研究者の

プレゼン、かもしれません。

ーーーーー
b0174284_15024819.jpg


今年の優秀賞の論文の問題意識は
b0174284_15025064.jpg
幕末から明治維新期の

仏教改革について


掘り下げたものでした。

島根県出身の僧 釈雲照 の、

戒律重視への回帰、と、その運動

また、それに対する批判についての論点は、興味深いものでした。
ーーーーー


経済や、多くの西洋史観

と西洋価値の受け入れ。翻訳。



その際に、仏「道」や神「道」まで、

religion宗教  という横文字の枠に

新たに仏教として、

入れ直さねばならなかった時代。

廃仏毀釈が行われた時代。


言葉とシステムについても考えさせられます。
b0174284_15052334.jpg



b0174284_15040393.jpg


由志園での懇親会では
b0174284_15040518.jpg
幕末に日本人が失ったものは何か

失わせた策略は誰がたてたのか

それは第二次大戦後もずっと流れとして
続いているのではないか

といった話を丸井先生と

していました。


一旦終了。

受賞者の一人は、

実家が千曲川の近くなので

募金をお願いしておられ、みんなが賛同しました。

・・・・・・・・


その後、水燈路や、県庁の結燈路に回り


b0174284_15374940.jpg

b0174284_15375066.jpg
カラコロ工房で、粋に呑まnight

            私は呑まない、ナイトですがー

b0174284_15411932.jpg

b0174284_15375208.jpg




b0174284_15073047.jpg

b0174284_15050227.jpg
どう祭りの、宵宮の音が響く中

たどり着いたと思うと宵宮は終わり〜


その後、世がふけるまで

またまた先生方や、立正佼成会の方々と

日本人の宗教性や

女性学から

政治と

資本主義にまで話が続きました。


ああ、ここを社会に説明しておかねばならないのだな

ということを改めて考えました。
b0174284_15472075.jpg
今日も明日もいい日になりますように!

by mai-kitani | 2019-10-20 15:01 | 政治を想う

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以