爽やかな処暑。太陰暦の方が大事かもしれませんね。

おはようございます。 

松江はすっきり爽やかな朝です。

21度まで下がり、風があります。

暦の上では、処暑 だそうです。

昨晩は

クーラーも扇風機もなしで

起毛長袖のトレーナーワンピースで

過ごしました。

皆様はいかがお過ごしでしたか?


b0174284_07082603.jpg
これは。昨日の棚田の風景
b0174284_07082896.jpg
環境農業のコツ、の研修風景です。

環境農業を考える
昨日、山王寺の棚田

西村和雄先生の環境農業を考える講座で、

今年の秋は短い、とお聞きしたところでした。

野津さんや多久和さんは、山王寺で

無農薬でマコモを作り

お米を作り、試行錯誤されています。

その先生が西村和雄さんです。

30代の方々も多く、大田や広島から来られていました。

退職してから農業をされる方々も多いのですが、大変です。


年配の方々が除草剤を使われるのも分かります。

農業って、体力がいりますよね?!


ただ、ガンになったりしてから

農薬漬けのものを食べ続けようと思われる生産者さんがおられるでしょうか?

これは、今までの農業指導間違っていたところがあるのでしょう。


山王寺に来てみて、環境や体にいい作物を育てるのは、

やはり若者の体力がいると思いました。

農業こそ若者が。
b0174284_09403136.jpeg
資本主義の考え方ーお金に替える、お金を稼ぐが目標ーで行くと、農業という

生き方は、生きるため、なので矛盾が出てきます。無理でしょう。

でも、好きならばね。使命があればね。

農業を金儲けの手段にするという、アメリカがやってきたウルグアイラウンドなどの、壮大なる実験が間違っていたのですね。

やはりこれも好きで楽しんで喜ばれてーそしてお金も入る

という方向性へ、いかに移行するか

が、望まれている産業、もしくは生き方です。

国がやってきたのは、農業関連工業製品補助ですから、

もっとやるべきことがあったのです。

災害による補償費など。

何かあった時のモチベーションを支えることや

農業販売や、のう産業への補助。

若者には時間がある。色々あっていいと思うのです。
ーー
グリホサート系の農薬を9800人が訴えておられるそうです。

腫瘍ができるということが明らかに分かっていたのをモンサント社が隠していた
ことがわかりました。

ラウンドアップ!などですね。

高額賠償命令も出ました。

お金のために何をしてもいいという

経済が間違っていたのです。


寒だめし

寒だめし、小寒から大寒の気温変化で

一年の気候を予測するものです。

聞いたことはあるけど、意味は知らなかったので、驚きました。

また、お茶の花や虫の卵の付き具合で

雪量が分かるとか。

ウエブにも西村和雄先生関連で出ていますから、ここでは省略しますが

野菜の見分け方、なども習いました。

どんな風になると、お腹が空いた、のサインか、棘のある作物と棘のない作物の違い〜などなど。

同じ時に植えても

以前植えた時には、たわわに実ったプチトマトが実らないのはなぜかとか

今年は、色々試した年だったので

聞きたいことばかりでした。

お母さんたち、私たちが

本当に手に入れたいものを食べるには

どうすればいいのでしょうか。

消費者の考え方にも、パラダイムシフトがいります。

まずは、オーガニックなものを売ってもらう、適正価格で購入

ということも消費者として主張しましょう。



途中、きたに内科の事務局仕事もこなし


夜は、町内会長会でした。


今日は、関先生を偲ぶ会です。

楽しいものになればと思います。


着物も続けています。

衣服も家も所有じゃないのだ、

という感覚になっています。

全て地球からの借り物、頂き物ですから、感謝です。

さあ、今日も明日もいい日でお過ごしください❣️









by mai-kitani | 2019-08-24 06:59 | 生き方

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以