2019.8.9午前中は、8月24日の関先生を偲ぶ会の打ち合わせ。90名を超える参加者の方々になっています。

2019.8.9午前中は、8月24日の関先生を偲ぶ会の打ち合わせ。90名を超える参加者の方々になっています。

そのあと、サンラポーむらくもで、偲ぶ会の会場の打ち合わせ
b0174284_10552058.jpg

続いて
b0174284_10584853.jpg
NTT松江支店による地方創生セミナーに参加。1時前から5時までのロングセミナーです。

PTAや、まちづくりで頑張っている

中田さんのお誘いで。
b0174284_10584957.jpg

b0174284_10585091.jpg

b0174284_10585205.jpg
東大生さんも数人、松江に研修に来られてますね。


課題は何か、というプレゼンだけではなく

お互いに
「何をしているか」

「どういうことができるか」

の、プレゼンテーションを

大学や大学生

また中高生やチームもみんなで行い

動きを知るのが、大切なことだなと

気づきました。

このところずっと、

サンフランシスコのPTAのホームパーティーで

色々なビッグプロジェクトや試みが

どんどん出てくるという話は聞いていました。

これは、いいなと思っていたので

またサンフランシスコに行きたかったのです。

松江でも年代を攪拌しながら、

異業種交流とかいうかたいものではなく

ビジネスだからこそ

最初に信頼感や共通項があり

すっと前に進める

そういうフランクな場所があるといいなと思いました。

ものづくリンク、などはその直接的なものですが。

ーーーーー
行政や金融で考えると、やはり

決済枠のせいか、最終的には

固くなってしまいますものね。

せっかくのアイデアが一般化されてしまう。価値が消されてしまうのです。

それは会社が大きくなってきた時の

悩みでもあります。

次に向かうアイデアを排除するシステムに、組織がなってしまうのですよね。


ーーーーー
賑やかに〜
こんなデザイン、服では、ありませんよね!

さてさて夏の着物を。

今日は、明るい紫の盛夏に着る
紗(しゃ)の着物。

透けて見えるタイプです。

夏の絽(ろ)の着物とも違って

ホントに透けているものです。


「こういったデザインを後世に残したいな❣️」

との思いだけで500円(?!)で買った

大正時代から昭和の初めのアンティーク着物を👘

着てみました。

自分では、よもや、これを着る日が来るとは思わなかったのですが

近頃、自分が着てみるのが、

一番みんなに見てもらえるということに

気づいたので。

普段着物なら、こんなのでも

いいよ。

日本の着物のデザインって

こんなにすごいよ!


と思ってほしいのです。

あれなら私も着られると思って頂ければ

本望です❣️

b0174284_10565213.jpg
白く見えるのは、鳥籠のような織と刺繍のアップリケです。

普段着物で、ロングセミナーの後で

夜なので

ちょっと

おつかれモードですみません。

沖縄の半幅帯。

紫に黄色の帯。


半幅帯でも帯締めが有効!
車の運転で走り回りますし

半幅帯でも、文庫結びでもカルタ結びでも、帯締めは強い味方です。

締め付けるのが嫌いな私は、

コーリンベルトも嫌いで
しません。

背中にゴムの締め付けがあると苦しいし

崩れたらなおせばいいと思うのです

それより苦しいのは耐えられないし

楽なほうがいいですし

お昼寝もできるぐらいでないと

普段着物ですから。

というわけで

やはり、じゅばん系は麻!

洋服もシャツ系は麻や綿が何よりです。


夏の男性たちのオフィス用のシャツ、

女性たちのブラウス

綿麻か、麻にしたら

気持ちが全然変わると思います。


部屋にはマコモを用いることもおススメです。

今日も明日もいい日に❣️

by mai-kitani | 2019-08-11 10:45 | まい日

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以