東京と、出雲地方は別の国?!

実は、先日東京に行ってきました。

国会議員会館、

国会議事堂周辺が

非常に便利になっているなと

感じました。

オリンピックに向けて

着々と、工事が進んでいます。


地方では

逆に、オリンピックのせいで

部品が足りず、工事が数ヶ月待ちのところも

あります。

その分、仕事が回らない訳なので

これで消費税が導入されれば

地方は、またまたダメージが来るかもしれません。




ーーーーー
日枝神社
国会議事堂近くの日枝神社は

b0174284_09142899.jpg
出雲系の神様でした。

しかも行った日が丁度、庚申の日。

敷地内の

猿田彦神社で

特別なお参りの日でした。

ーーーーー
泣く泣く、アイホンアプリのウォレットを入れる

東京では、大量の人の動きを安全に行うために

スムーズさ、のために

AI化が欠かせません。

同時大量の人の動きがあるために

地下鉄の自動改札も、ICカードでは間に合わないので

とうとう諦めて

使うことを抵抗していた

携帯アプリのウォレットを

使うことにしました。

(旧いほうのスイカカードが

ウォレットに対応してないため

高額チャージしたばかりで

勿体無かったなのです。)

さて、アプリのウォレット

これはこれでとても便利でしたが〜

東京では必須ですが…


〜〜〜
ウォレット不要
ウォレットは、島根県では通用しない。

島根県に帰ってくると

全く使えません!

使えないだけではなくて

不要!なのです。


なぜなら

ごそごそと、小銭を出したり

銀行に行ってキャッシュを出してきたり

前の人の動きを待ったりする余裕が

あるのが、当然なのです。

東京は余裕を作れないから

余裕がなさ過ぎて危ないから

効率化が必要なのです。


東京と比べれば、

あの、せわしない

大阪ももう少しゆっくり。

京都は、もっとゆっくりです。

地方都市では、松江では、

もっともっとゆっくりですね。

必要なものの優先度が違うので

価値観のベクトルが90度 

変わって来ています。

働きかた
東京オリンピックを控えて

東京では、テレワークの推進が盛んに言われています。

在宅ワークで、40万の人をしてもらおうと。

たしかに、一旦会社や事務所に行って

そこから散るという働きかた

また一旦戻るという動きかた

東京ではかえって不便です。

網の目のような交通網を張り巡らせてきましたが、

限界なのではないでしょうか。

莫大なインフラは維持費用も莫大です。


それなら、仕事場、島根県でいいんじゃない?

働いたり、ものをつくったりするには、島根県は最適です。

こだわりの真面目な、県民性ですから。

今回、東京へ行って
別の国みたいになってきたなと思いました。

東京で考えていれば、政治も地方都市に合わなくなるのは当然です。
全く別の国なのですから。

お金の使い方
お金の使い方、違います


ファーストクラスでいつも国際線往復、宿泊はペニンシュラのスイート

という話を聞きました。

たしかに国際線往復はファーストクラスは、圧倒的に楽でしょう。

ホテルも家を買うより安いかもしれません。
そして寄付をして〜これが安部首相が1時憧れた新自由主義的お金の回り方ですね。でも回りませんでしたね。

松江に帰ると、

お金もAIも回ってない。

しかもそんなにお金持ちでなくとも、
退職金を使って、私設図書館を作る。
地域の人の居場所になれば、いい。

ということが普通に行われています。
松江市、私設図書館多いです。

海水浴に朝子供を連れて行って20分で戻って塾、

ということも普通にできます。

何かあっても食べていける、生きていける感があります。

都会をカード化するのは自由ですが、

全国一律の必要があるのかな?!

ないのでは?


逆に地方観光は、キャッシュ化すればいいかもしれません。

現金、使ってみよう、とかね。

We use Japanese YEN CASH
出雲国では、日本円の現金が使えます!

そんな、出雲地方への導入洞窟が、駅にあって、
洞窟の最後に交換所があると良いかもしれませんね。小銭両替もね。

お金を払ってー        人員が必要ですからね。

おまけに出雲国ビザが貰えるとかね。

明日をいい日に!


by mai-kitani | 2019-07-29 09:10 | まい日

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以