ディスレクシアさん また障がいがあるって、どういうことでしょう?

ここ2ヶ月ぐらいは、実は

〜書けませんでしたが、
b0174284_16220544.jpg

実は度々

特別支援 教育   や

生きづらい子どもたちの

支援、そして

支援をしてくれる人たちと

チームを組みながら、

夜に相談したり

島根県に行ったり

松江市と連絡を取ったりしていました。
ーーーーー

ご本人の生きづらさが、

親や家族にも分からない

そんな人たちが多いと感じています。



その中で、何人ものディスレクシアさん

に会いました。

学習のハードルとしての

ディスレクシアー  誤解を恐れず簡単に言えば、



文字の認識  が一般的ではないために

ノートが取れない。

大きく目の前で一字とかなら書けるから

先生や親からも

サボっていると思われる。


読み書きにとても苦労する。
 
でも、頭はいいし、記憶力もいい。 

言葉も明快。


今日も、1人おそらくそうであろうと

いう人を発見。

働きたいというのですが、メモなどを

取れと言われても

取れないのです。




支援があると、働きやすくなります。

音声やiPadなどでも

わかりやすくなります。


誰にも理解してもらえないので

夜、家族にも会いたくなくて

遊び歩いたり。
 
そのうちにレッテル貼られたり。


家裁などでの対象となる子どもさんの中に、

問題の根底に、発達障害があると

いうことが多いようです。


ディスレクシア  さんだけで

英語圏では10人に1人

日本では20人に1人、と言われていますが、私の実感では

もっと多いように思います。


理解されず、

社会からドロップアウトして

隠れている子が多いのです。

今回、島根県では、

特別支援の専門の先生がたは、よく分かっておられるので

普通教員の人に、ディスレクシアのこと

など夏休み等に研修すると

言ってくださいました。

ーーーとてもありがたい!!!


同時に、考えることとして

ディスレクシアさんにも

とても才能のある人が多いのは、事実なのです。

その才能を発揮してもらうことができないかと、思っています。


障害があるというのは

「多数派ではないということだけ」なのです。

素晴らしく愛をもたらしてくださる人も

多いのです。

それにディスレクシアさん、10人に1人。多いですよね。

ほかの特性の方々について考えたら

普通って、なんだろうと考えこんでしまいます。

b0174284_16240257.jpg

こんなに才能があったり

愛で家族を幸せにしてくれる人が

こんなに生きづらい人たちが

私の周りにおられて

支援を求めておられるのは、

なにかの知らせだと思います。


この人たちに活躍、才能を伸ばしてもらってね、生きやすい社会にしてね、

ということなのだと感じています。

どうか、あなたも少しの支援をください。

きっと彼女たち、彼らたちから

素晴らしいギフトを

私たちが受け取ることになると

私は信じています。


こういった支援ができない社会で、

外国から移住された人の支援が

できるでしょうか?

私は、否、と思います。

だから、どんなに多様な人々がおられるか、学びたいですね❣️^_^


今日も明日もいい日に❣️



by mai-kitani | 2019-03-28 11:54 | 教育

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以