2018.1..23 はちみつの味、 味わい分けられますか?

おはようございます
b0174284_06064048.jpg
23日は、
山陰インバウンドシンポジウム(松江市)
ロータリー
島根県東部4市議会 研修 and 交流会(雲南市)

でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・
山陰インバウンドシンポジウム では

b0174284_05504637.jpg
県警本部長をされていた米村猛氏が

今日は、観光庁の地域振興部長として

お話をされました。


人口減少は、ある程度は、仕方がない。

学校の誘致などが必要ですが、

ただ消費額だけ言えば、

定住人口の一人に対して

長期滞在外国観光客が八人来てくれれば

カバーできるという試算があるのです。
b0174284_05505804.jpg

前日の日仏協会の役員会でも、クルーズ船のお手伝いの

件が議題に上がっていましたから。

また、地元の文化を支える

中心市街地の商工業のためにも、観光客を増やすことは必要です。

色々な手が必要 ただし目的は住み良いまちづくり



我々は、いろいろな手を打って

第一次産業も復興していかなくてはならないし

福祉にかけるお金も、捻出していかなくてはなりません。

この素晴らしく歴史と伝統ある

まさに日本、と知る人が述べる(real Japan)

場所を、世界のためにも残さなくてはならないと

思います。


その一つが観光です。

b0174284_05505290.jpg
JR 木次線のトロッコ列車
b0174284_06063537.jpg
木次線の、トロッコ列車 オロチ号がどんなに楽しかったか

そのよさ

など、話されました。

・・・今年、木次線に除雪車を動かさないらしいと聞いて

一抹の不安を覚えた私としては

いい材料でした。

JR木次線 は大事

午後、4市議会の交流会でお目にかかった

「木次線の保存について興味と関心を持っておられる議員」さんに

お伝えしました。

雲南市の方々にとって

JR木次線は、とても大事な線なのです。

松江市宍道町にもです。

宍道町の元町長の川島議員さんは

わざわざ JR木次線の時間に合わせて早く帰られました。
b0174284_06063190.jpg
地元の意識的な選択

(木次線は

三江線が廃止になったのと同じように

状況によっては廃止になる可能性があります。)

豪雨災害で、JR三江線が大ダメージを受けて

代替のバス運行が、三江線が復旧した後も

走っていたこと、それによって結局せっかく復旧した三江線に

乗る人が少なくなったこと

・・・そういったことは三江線を

直接的に、廃止に追いやります。

つまり、地元がどんなふうに考えて何を選択するか

ほんの小さなことに見えることが

大きなことにつながります。

山陰新幹線構想だって同じことなのです。

全般の、JRについての考え方、大事です
b0174284_06065293.jpg

山陰全体のことを見ること

前日の、クルーズ船の

前日の島根県日仏協会の役員会で、

ペタンクや音楽、お菓子 ギャロット ド ロワ
 
などのことで、益田市や安来市

の話も出ていました。


食素材が溢れ、美味しすぎる島根
島根は、水が美味しく

美しい海山川が、街と同じところに存在する。

左から、食素材が美味しく人が豊かに住めるのです。

味の追求に関しては天才

素材を味わい分けることについて

島根の人は天才的だと思います。

島根出身の石倉さんが、京料理

すなわち日本食を立て直すことができた理由も

わかります。

はちみつの味、味わい分けられますか?

島根に住んで、この私でさえも

はちみつの味を、味わい分けることができるようになりました。

焼き芋も、本当に美味しくないと食べられなくなりました。

水の味もわかるようになりました。

お米の味も、味わい分けるようになりました。

お店で食べるより

家で食べるのが一番美味しい

と島根の人が言うのは、それなりの理由があります


だから。こんないい場所を

日本の発祥の地を

守らなくてはならいし

みんなに来て欲しいですね。


松江に、

山陰に

どうぞお越し下さいませ。お待ちしています。


明日をいい日に




第2回プラチナブロガーコンテスト



by mai-kitani | 2018-01-24 05:59 | 政治を想う

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以