2018.1.21 とうほん倶楽部 の新年会でした

寒いですね170.png

関東地方は、寒くなって

雪のようですが、みなさま お気をつけて!

・・・・・・・・・・
さてさて

島根県 松江市は、 

今日は、雨です。


とうほん倶楽部
昨日

1月21日は、とうほん倶楽部

の 新年会が

「縄のれん」でありました。
b0174284_13395011.jpg

二次会は、「とめランド」  さんでした。
。。。。。。

松江市の、夜の街としては

伊勢宮 と 東本町 

二大有力地 なのです。

東本町は  ひがしほんまち

ですが、夜の街としては

とうほん  と呼ぶ人が多いですね。


そこで、昨年できた、とうほん倶楽部

は、文字どおり  とうほん  のまちづくりとして

昨年の5月に、「いっこ」の足立真智こさん の呼びかけで

始まりました。

活躍

呼びかけから

まだ一年経っていいないのですが

・・・次のようなことを着々とやってきました。

会則を作り

会員集め 約70名

オブザーバー集め 約30名

とうほんのお店マップづくり

マップの配布

松江の秋のイベント「水燈路」の行灯づくり

そして夜の街としても「水燈路」への参加

京店商店街のイベントに出店

グループ、ネットワークづくり

月2回程度の 定例会・・・等々


事務局長の 玉田屋さんや、伝七らーめん 改め 正直ラーメン さんなどの

大活躍で

商店街としてのネットワークを作り

とうとう

商工会議所会頭さんや

関係各位の方々の ご支援のおかげで

中心市街地の商店街 として認められる運び

になったそうです。

 
パチパチ (拍手)

・・・東本町の商店街が、今まで中心市街地に

また商店街に

組み入れられていなかったということ自体

不思議なことでした。


ですから、これは絶対入らなくてはならい、と。


過去に

中心市街地活性化審議会の 幹事や委員をしてきた私としても

思ったわけです。


とうほん倶楽部 の価値

私は、前述したように

以前

「松江市の」中心市街地活性化の委員もしてきました。

(商工会議所の、とはまた異なります)

そこでは、いわば部外者が、また市の職員さんたちや

他県の学者さんが

「この商店街は商店街のていをなしていないから

活性化計画には入れないでおこう」とか


「このお店の真似をすればいいから、そうしろ」

「イオンを入れろ」

とか、やはり経営をわかっていない

また、中心市街地活性化の意味がわかっていない論議や決定が


度々行われてきていました。


市民委員で、一経営者の私としては、

10数年前ではありましたが

本当に胃の痛くなる審議会でした。

月末の支払日に、中小企業の経営者さんを集めて

話を聞くなど、私にとっては言語道断でした。

それで日程を変更してもらったのです。



しかし、真剣に様々なことを考える中で

素晴らしい職員さんたちや

多くの連合会の会長さんたちや

様々な方々とお知り合いになれたのも

この審議会のおかげです。


行政の無謬性 の間違いの可能性

について、も考えさせていただくことができました。

時代は変わり、みんなが自主と活躍の時代へ

そんな紆余曲折を見てきた私にとって

この本当に自主的な動き

自主的な思い

お金と時間を使って、単なるお金儲けではなくて

本当にまちづくりについて

松江市について考えて、自らで組合や活動、立場を短い間に

作っていかれる活動は

とても素晴らしいと思います。

当然のことながら松江市や、商工会議所のバックアップも

素晴らしく・・・

時代が変わった、という気がします。

担当部署の方々のご尽力も、一口では言えません。


繋げていって、どんどんアイデアを持ち込む

様々なメデイアの方々にも取り上げていただき


これなんだな、

この動きなんだよ


と思うのです。

中心市街地のマップの必要性は、10数年前からずっと言われていました。

各地域をよく知っている人で作る人がいなかったのです。


とうほん倶楽部マップには、値段や時間も入っています。

新規出店もあり、また新しくマップができそうです。


値段や時間、

知らない
夜のお店は不安ですものね。

ともかくご発展を


明日をいい日に

by mai-kitani | 2018-01-22 14:58 | 松江へようこそ

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る