将来ある子どもたちのために我々ができるコトー柳楽桜子さんのお話を聞いています

b0174284_12121240.jpg

フランスで活躍の
柳楽桜子さんの
お話です。

出雲の子ども科学館で
行われています。

リオネール・クローゾンさん
ブルーガイドに、星をつける審査員の方のお話をされました。

全国で
島根県だけ三ツ星を
三箇所つけられたのです。

難しそうなことでも
そこに行けば
大人になったら残る。
記憶に残る。
その時には、子供達は
誇りを他の人に
伝えることができる。


ヨーロッパの人は
非常に素晴らしい歴史と文化があるということを、認めて、
日本を尊重してくれています。

日本人は、それをもっと勉強して
もっともっと子どもたちに伝えていいのではないか。

文化を発信すると、経済は
ついてくる。

文化を発信しないと、そこの顔は見えてきません。
ーーーー
長いフランスの夏休みにの間に
子どもさんたちを九年間、
毎年三週間、日本の学校に入れられた。

もっとありますが、


そんな柳楽さんらしい
素晴らしい示唆に満ちたお話でした。

松江でも話していただきたいと思いました。

明日をいい日に!
by mai-kitani | 2013-07-18 11:25

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以
プロフィールを見る
画像一覧