松江市立病院のターミナルケア(終末期医療)病棟

b0174284_12592623.jpg

松江市立病院におじゃましました
終末期医療をしておられる病棟です

私は、初めて行ったのですが
病室の名前は、お花の名前でした。

麻酔科の先生が常駐しておられて
病棟は
ほっとする感じのとてもいいところでした。
廊下や窓からは、宍道湖と島根半島まで見渡せます

私の実家の家族の経験からすると
「医師と患者が上手にコミュニケーションするのは難しい」
と思います。


たとえば患者の家族が精一杯「こう」と言っても
家族以外の人には「こ」
としか聞こえないことがあるからです

でも、この松江市立病院のターミナルケア病棟まで来て

なかなか外来に来ない患者さんに
やさしく電話しておられる先生を遠目で観察していたら

ここまでたどり着いて
麻酔科の先生とコミュニケーションを始めれば
きっと人生の終末期を
気持ちよく、ゆるやかに過ごすことができるだろうなと

そんな気がしました。








貴谷麻以Kitani,Mai
by mai-kitani | 2010-04-08 12:59 | まい日

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以