なぜ日本製品が売れないの?

058.gif日本の製品がなぜ売れないか

岩国から広島にむかう列車の中で
メルボルンの大学でアートの教授をしているという
中国系オーストラリア人のひとに会いました

多摩美に留学した後、
メルボルンで知り合った
日本人の女性と結婚したそうです(すてきな女性!)
新婚旅行中の国際カップルでした。

彼の言ったことに
「工業デザインやプロダクツデザインが、
以前の日本はよかった。
でも、今は良くない。
デザインに力が入っていない」
「iphpneも、アメリカのデザインです」

なるほど、
同感です。


以前、ブログに載せさせていただいた
BABBIのプロダクツデザイン
手にとって買いたくなるのです
目を奪われるものがあるのです

イタリアデザインです


以前パリに行った時
「日本?山本?彼?デザイナー?それとも・・・?」
と矢継ぎ早に、デザイナーやアーティストの名前を挙げられました。
観光案内所の女性たちにです。

いまは、パリに行ってもそういうことはありません。

ただ、外国から来る女優さんに聞くと
いま、とてもクール(かっこいい)なものは
いまの一般の日本の女性たちのファッションだそうですよ。

日本人の潜在的センスは、すごいのです。

058.gifさあ、日本製品見直すべきかもしれません。
いまの日本では製品全てが「安さ」に
基準があるのではないでしょうか

中心市街地活性化に関しても「安くないと売れない」という国の指導を
15年間たびたび聞いてきましたが、ほんと?
「安い」というのは、どれぐらいが安いのか?
プロダクツデザインのない
(ポリシーの無い)
ものは、売れるのでしょうか?

中国は「作る」ところではなくて
「売る」ところだと考えて
日本にお金と雇用を戻して
「日本的センス」をプロダクツに加えるのも
ありかもしれませんね
by mai-kitani | 2010-04-02 13:01 | まい日

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以