選択的夫婦別姓について 議会で反対の意見書をだすということですが・・

012.gif私は、選択的夫婦別姓には、別に反対ではありません。
少子化社会では必要なのだろうと考えています。
過激に賛成というのでもありませんケド。


013.gifただし地方の現実を見れば
選択的夫婦別姓は
伝統的な「男系相続」には、必要不可欠です
「長男・長女で結婚すると言うが、親としては認められない。
だから事実婚になっている。
お墓とお仏壇と家に困る。
少子化のいまとなっては、選択的夫婦別姓が必要だと思う」、と
年配の方が実際に訴えてこられてますから。

018.gif伝統
もともと、明治の初めまでは
夫婦別姓はありましたので(いまのとは、少しちがうけど)
戸籍というものを重視するなら
とてもアジア的日本的な伝統制度と言えるのです

014.gif絶対反対と言っている方々は
地方の現状をわかっておられますか。
お仏壇どうするのでしょうか
あなたは、
名前の違うお仏壇を多数、都会の自分の家で維持できますか?

お仏壇があるために
地方の空き家は貸しかりができず
空き家のままなんです。
松江市内で8000軒と言われています空室は
埋まりません。
氏子もどんどん減っていくのです。

→ご存知の通り
選択的夫婦別姓については、国民新党が反対を挙げています

そんななかで
民主党の鳩山さんは、慎重論をだしました。
溝口知事も慎重論です。
慎重で、いいです。
論点がずれなければ。

===============
市民で議論が沸騰していないものを
中央が言ったからと意見書をだすよりも
b0174284_2314597.gif

もっと地方政治で、国に訴えないといけないことがあるだろうに。
意見書ださないとだめなことがもっとほかにあるだろうに。
と思うのです。

地方議会は住民の代弁をすべきであって
中央の、偏った意見をそのまま鵜呑みにしてはいけない。
自分で考えない、修正できない地方議会、議員・・・
それが政党暴走をさせてしまい、自分たちの首をしめてきたと
思います
日本全国の多くの党と議会で。
それは選挙民にはわかっているのです。
b0174284_2352570.gif


医療だって、財政だって、なんだって
公立病院の医療崩壊だって
雇用だって、待機児童だって。
問題はたくさんある。

(石井一さんにだって抗議の文を出さないと!
女性たちは出しましたよ!
島根、鳥取では、元気な若者に仕送りまでつけ、
毎年都会に送り出しています
都会は地方に支えられているのです
山を守り、海を支えています
030.gifそれに山陽新幹線を動かしているのはどこの電力なのでしょうか。
046.gif牛が動かしているのかな。
人口が多ければいいという偏見。石井さんは
わかっていない。国政がわかっていないのです。)


===============
032.gifともあれ、
選択的夫婦別姓の話に戻しますと
この問題はモラルの問題じゃないのです
047.gif私には、この一連の「反対、反発」騒ぎは
さるところが震源地のように思えます。
さる宗教団体系は、ある政党系を攻撃するために
この「選択的夫婦別姓」問題を利用していますし
その他の政党をも、利用しています
もちろん、ある政党系は猛反発。

039.gifみんなが振り回されているとしか
私には思えません

論点がずれているみたいですよね

本当に困っている市民は
蚊帳の外になっています
by mai-kitani | 2010-03-15 02:39 | 政治を想う

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以