雇用について

雇用について
年賀会にたくさんいかせていただいています
きたにまい、ここへきて、」など
お気軽にお声かけください
kitani.mai@gmail.com
また、ご意見などもこちらへどうぞ。

いろいろなかたにお目にかかる中で
そのなかで、一番大変だ、どうしよう!
と思うのが、雇用と景気です。

一時、ナントカ上を向くかと思われた景気が
肌感覚としては、悪くなる一方です。
景気が底を打ったなどというのはおおうそ。
データかいざんではないかと思うぐらい
悪いです

知り合いや友人、能力のある働き盛りの人間が
次から次へと解雇されています

自治体は雇用政策というと
すぐに、「市役所への直接雇用」を考えるようですが
住民は、国民は
国や自治体に全員が直接雇用してもらおうと
おもっているわけではありません。
民間に作用するものが必要なのです

地域振興券こんなときに、「商店街で使ってもらえる」
「小さなお店で使える」
地域振興券があったらどんなによかったでしょうか。
松江市も本当にもったいない使い方をしたものです
「商店や消費材に使うなんて」という言葉を
議会でもたびたび耳にしました

ちょっと待って!
地元に落とさなくて
どこに落とそうというのでしょうか

イベントや公共事業をポンと行っても
事業の失敗をおそれて県外企業にさせてしまうのは
本当の意味の政策ではない。

058.gif提案1今作ろうとしている歴史資料館の30分の1で
1億円です。

松江市の99%以上を占める小さい企業や、お店
に100万ずつの
後方支援をする支援が必要なのです

上から落としていくのではなく
本当の活性化を促す、と。

058.gif個人の起業を真剣に誘導する。
そういう政策も必要です。

不景気は、いたるところに作用して
町内会やボランティアにまで作用し始めています

いろいろな政策をこまめに推し進めましょう
by mai-kitani | 2010-01-03 17:21 | お知らせ

あしたも元気!「きたにまい」の想い 本音の日々をつづります。


by 貴谷麻以