<   2014年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

あちらへ行っては叱られ
こちらへ行っては叱られ
の日々ではあります。

本当に自分の未熟さを
感じる毎日です。

そんな時に、
関学の島根支部同窓会総会が
開かれました。

MASTERY FOR SERVICE
校是と言うのでしょうか
学校のモットーです

「奉仕のための自己研鑽」
他の方のお世話や奉仕を
させて頂こうととすればするほど、
より一層の
自己研鑽が必要になります。

ーーー!!
b0174284_16295972.jpg

b0174284_16295663.jpg


b0174284_16342064.jpg



初めて島根に、
アメリカ人女性の素敵な学院長が来られ

副支部長の私としても
女性会で
基本おもてなしを担当
することになりましたが

先輩前議員の
地域勲章受賞祝賀会と
ピッタリ時間が重なり

あっちへ行っては叱られ
こっちへ行っては叱られ
状態になりましたが

どちらも素晴らしく良いこと
おめでたいことですので

私が叱られたりするのは
自分が修行が足りないだけのこと

良いことがあったと言うことなのだけだと思います。

貴谷の分家さんの娘さんの結婚式!
綺麗!
も見られたし
おめでたいこと続きです。

おめでとうございます!

今日も良い日に!
by mai-kitani | 2014-06-29 16:11 | まい日

b0174284_16422217.jpg

b0174284_1642241.jpg

b0174284_16422966.jpg

b0174284_16423355.jpg

出雲風土記は1300年前に書かれました。
その頃にはもう既にあった渡し場です。

役人の隠岐にむけて乗る渡し場と、一般の人の乗る渡し場があったそうです。

松江城の石は、矢田から70%出ているそうです。多賀神社の奥から出ていた矢田石 や、大海崎石ービンクなど色の入ったものです。

今でも残ってます昔ながらの舟小屋
b0174284_164235100.jpg

by mai-kitani | 2014-06-26 16:06

バタバタしながら、
市民活動センターにおります

市民活動フェスタ
b0174284_1337624.jpg

9月13日土曜日の1000-1600

みん活 魂
を キャッチフレーズに

今年もやりますので

皆様、お越しください!!
b0174284_133771.jpg


そのプレ交流会として

わいわい会が、まもなく
開催されます。
(^○^)

これから詰めていきますので
是非にご参加を


明日をいい日に
by mai-kitani | 2014-06-24 13:22 | お知らせ

「不都合な真実」は多いですね

原子力規制委員会の委員長が
「厳しすぎる」という電力会社の主張により
交代になりました
規制委員会ってなにでしょうか

ーーーー厳しすぎる、というのは
    いったい何なのか
    国民の安全を軽視しているのはなぜなのか
    それがとおるというのは、
誰がとおしているのか

原発の沸騰水型炉の「一括審査」
行われるようになったとのことが
報道されました

一括審査というのは、何なのか
それぞれの場所も条件も
全く違うのに
「一括審査」など、ありえません

論理的に正しいから認める・・・とかって
原発ありき、のままではありませんか

論理的に正しいだけでいいなら
タイムマシンだってありえます
タイムマシンは安全ですか?
そういうレベルです

まだ人類はコントロールするすべをもたないのですから

一基4500億などというお金をかけて
それを全部電力料金にはねかえらすことができている
だから、日本の電力料金は高いのであって

原子力を使っているから高いのです

この仕組みを変えないと
日本の再生はないのです

3.11があっても
日本が原発をとめられないのはなぜか

人々は
どんな風に動かそうとしてきたのか
そこではどんな動きがあったのか

必ず後世に伝わります

60年の秘密が保たれるという、
信じられない法律を作っても
秘密保護法を作ったって
分かっていることは分かっているのです

やった人の子ども、孫、おい、姪・・・
どんな顔向けをするのか

「けっこうです」といって「しかたない」といって
承認した・・・・その人たちの罪だって
免れるものではありません


まただまされたものにも
だまされたものの責任があります

非常用電源を用意しても
配管や配線がちぎれたら終わりです
3.11のような
危機を十分予測していない設計の中で建設された
現在の日本の原発は

本当に危ないのです
いまでも、この瞬間でも、です
消すことができない火、なのですから

・・・・・・
ヒロシマのウラン型の原爆で

死者7万8150人、
行方不明1万3983人 
負傷者3万7425人
と発表されています

長崎のプルサーマル型の死者は
7万5000人と発表されました

この爆弾が1kgに満たないものでできるのに

原発は、一基につき一年で、
1トンも作ってしまいます

だから、貯まり続ける使用済み核燃料という
些細なもののような名前を付けられた
膨大な熱を放ち続ける危険な生成物を

作り続けてはいけないのです

・・・・・・・・・
原発を推進してきた人たちの使命は
推進をよしとしてきた人たちの使命は

原発を作り続けることではなく
動かし続けることでもなく
売り続けることでもなく

真に再生できる、本当の意味での安価なエネルギー政策を作り
それを国民が享受できるように考え

高価格の原発による電気料金から、
日本経済全体を救うことです

武器輸出をできるようにするのではなく
戦争をしないように国外に呼びかけること
戦争をしない国にすること

原子力関係の法律には
核の製造物責任 を明記すること
免責 などという言葉は削除すること

です

私たちのすることは

自分たちのしてきたことに目を向け
考え続けることです

過去の状況の中から
思考だけでも抜け出ることです

責任を感じながら
新しい未来を作ることです


今日も明日もいい日に♫
by mai-kitani | 2014-06-24 06:52 | まい日

昨日は、真理子スクールで、
東京新聞の記者さんの
お話をお聞きしてから
米子市へ。

米子の市議会議員選挙が
今日なのです。

陣中見舞いに行きましたが
そのまま、街宣活動の伴走者に乗車。

ーーーー、
今日は、
きっかけバスー47都道府県の学生を
東日本大震災の被災地へ
バスで連れて行こうという

きっかけバス、
に参加した学生さんたちの
報告を
スサノオカフェで
聞いています。
b0174284_15363922.jpg
震災の記憶を伝える美術館の話
津波でんでんこ、
の話
ーーー
反省とは、未来を考えることではないでしょうか

チリから贈られた、新しいモアイ像
b0174284_15363928.jpg

以前にチリの大地震で津波の被害を受けた三陸に、チリからモアイ像が贈られたらしいです。
その像が今回流されてしまいました。

新しいモアイ像が
チリから贈られたそうです。
ーーー
若い人たちが
何を考えたのか
何を考えて行こうとしているのか

今日も明日もいい日に
by mai-kitani | 2014-06-22 15:18

ふと気づくと
昨日は
誕生日でした。

疾風怒濤のような
日々ですが、
生きている間というのは

いつ終わるかわからないので

今、私にしかできないことを
(これは誰でもが持ってることです)
今の私にしかできないことで
他の人のためになることを
したいな!
ーーーー
それから
一般質問でも思ったのですが

権力的な男性が

女性に対してなら言ってもイイ
と思ってること
やってもイイと思ってること
って
すごくあるのですね。

それって
相手が男性議員なら言わないだろ
とかね。

ともあれ、
女性も男性も同じ人間なのです。

同じようなこと言われたら
どう?

って、
立ち止まって
考えて欲しいのですよ。


今のままでは
少子化なんて
止まりません。

ーー私は私らしく
生きよう
b0174284_18161160.jpg




明日を良い日に
by mai-kitani | 2014-06-20 17:56

2014.6.19 今日の

9,00
1099 総務委員会 傍聴
1215 キレイプロジェクト 打ち合わせ
b0174284_15513084.jpg

1345 自転車条例 委員会
1500 産業支援センター開所一周年

「インターネットを活用した新たなものづくり」株式会社 ニット〜 藤澤秀行 氏
後継者のいない企業の
M&Aで、日本の技術を守るということもあります。

海外進出を誘われる中で
価格競争出ない日本での
ものづくりを目指しておられます




明日を良い日に
by mai-kitani | 2014-06-19 15:33

今日は、本会議の 
一般質問初日でした。

一般質問というのは
だいたい3日間あります
議員が「質問」という形式で
市長や執行部と論戦をするのです

私は明日です

いくつかのことを
話します

観光のこと
原発の避難のこと
景観法のこと
文化資源の継承
児童クラブ
幼稚園給食のこと
定住について

です。

若い人が帰ってきたくなるところ
それは、やはり誇りを持って住めるところ
働きやすい場所です

地方のいいところは
ギスギスしていないところ
b0174284_19524679.jpg


一見無駄に見えるようなところが
とても人間的で
大事なところです

美味しいものもたくさんありますしね

お嫁さんが
元気に働けるところ
楽しく暮らせるところ

それが一番ですね

少子化のことをみなさんが話題にしていました

あしたをいい日に
by mai-kitani | 2014-06-16 19:53

シャバンヌの水辺のアルカディアを
水辺の
島根県立美術館に見に行きました。

その隣の一階奥のギャラリーでは
親娘3人展
「夢幻世界」

ブログで、紹介しても
いいと言われましたので
写真を撮らせていただきました。
b0174284_16351399.jpg

b0174284_16351522.jpg

b0174284_16351731.jpg

b0174284_16351965.jpg

b0174284_16352113.jpg

b0174284_16352355.jpg

b0174284_16352647.jpg

b0174284_16352826.jpg

銀座で個展をされたり
しているそうです。

どれも個性的で
素敵です。

シャバンヌ同様月曜日の16日まで

明日をいい日に
by mai-kitani | 2014-06-15 16:19 | まい日

おはようございます

6月11日から松江市議会の
定例本会議が始まりました

普段から、委員会とか協議会とかは
あるのですが、
本会議はまた特別なのです

一般質問もあります
これは、16日、17日、18日です

・・・・・・・・
松江市の観光について考えています
観光産業になぜみんなががんばるかというと

観光産業とは、農林水産業であり
伝統産業であり、交通宿泊業であり
商業、工業であるからです

他の土地に行って楽しむということは
そこの土地の空気に触れたり
そこの土地の人と触れ合ったり
そこの土地の音楽を聴いたり
そこの土地の食を楽しんだり
そこの土地の文化を楽しんだり・・・・

なんでもありです。
よその土地に行くのが非日常ですから

松江はまだ
何を出すべきか
何を表示すべきか

いまの日本で何が価値あるものか
それをどれだけふんだんに、豊に
われわれが持っているか、
なかなか自覚していません。

実はそこに新しい産業振興の芽があり
新しい観光の息吹が有り

新しい日本再生の道があります

日本再生、の望み、それは

東京にだけ
あるものではありません

私は、自然と文化の豊かな地方にこそ
その再生の望みがあると思っています

いままでの枠の中で考えて
そこの中を動かしたり
取り合いするところに望みがあるわけでは
ありません

枠を超えるのは当然だし
新しいものを、らくらくと
豊な発想で産み出していく、

そこに次の希望があります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だからこれはやめよう
いままでの枠の中で考えて
自分達が作ってきた原発や経済のわなの中に
自分達で戻っていく
または、強く戻ろうとさせて、うそを言う

・・・・・そんなことをしていてはいけません

いつも言うのですが
レーガノミクスでは「まずたな卸しから始めよう」
とレーガンは言いました

「本当のところ
何があって何が無いか
何が悪くて
何が反省すべきか
われわれが持っているものは何か」

今のアベノミクスではこれができていないから
いえ、民主党政権ではもっと
強烈に表現の自由を縛りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3.11以後、多くの正しい情報を載せたブログが
サーバー削除されました。
野田元首相は、2012年には福島原発の冷温停止で収束宣言をだしましたが

冷温停止というのは
きちんと格納容器に燃料が存在して
通常の状態で、コントロールできることをいいます

いまだに、どこに燃料があるかわからないときに
こんなことはいえません
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
泥沼に
菅元首相は、原発100パーセント方針を出して
そのあげく、日立はアメリカのGEを、東芝はイギリスのWHを
買いに走りました(核に関する本社機能をイギリスに移転)

WHと契約していた三菱は・・・・

日本の大企業は、世界の負の遺産を買いあさったのです

日本の沸騰水型炉を買う人はいませんが
だから、外国企業を買いに走りました

いまから、原発企業を買いに走る人たちは
まともな世界の経営者では、
ありませんからね

フランスでさえ、新たな原発建設は
やめたのです
この状況で、どうやって経済再生できるのでしょうか

負の連鎖をやめないといけない

アイリッシュ海に、イギリスの再処理工場は莫大な放射性物質を
流しています
アイルランドの海の魚は、チェルノブイリで日本が輸入制限したときと
同じレベルの放射能に汚染されています

アイルランドの議会も政府も
イギリスの再処理工場に強く抗議しています

日本は被爆国でありながら
劣化ウラン弾をやめよといいながら
(劣化ウラン弾を使用しないよう、
世界の動きを主導しました,
これはすばらしかった。
被曝国であったからできたのです。
女性の猪口さんの見事な手腕でした)


なのに
劣化ウラン弾の原料を(原子力発電所で生産されます)
作り続けようと
しています


被爆国でありながら
「イギリスとアイルランド」のテロの起こる大変な問題のところに
自ら進んで
その災いの火を拾ったのです

・・・・・・・・・
なんともいいようがありません

いいつくろってなんとかしようとすればするほど
泥沼に陥ってしまう、それが
今の日本のもうひとつの現状です

でもいつでも政治というものは
そうだったのかもしれない

私たちはそれでもあきらめずに
再生の道を探さなくてはなりません
これが大人の、今と未来への責任では無いでしょうか??

と思います

明日をいい日に
by mai-kitani | 2014-06-13 09:33