<   2013年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

b0174284_1111667.jpg

お知らせ

「雨の日の松江」プロジェクトリーダーの
北堀「ちろり」の須山さんから
お知らせが届いています

雨が降ると、JR松江駅では、浜田真理子さんの
「水の都に雨が降る」が流れます

雨の日にしか聞くことができません♬

雨の日の松江には、素敵な取り組みがあるのです。
雨シーズンキックオフ、
6月1日の取り組みから
須山さんのお知らせ、お伝えしましょうね

♬♬  ♬♬  ♬♬
縁雫 えにしずく ってなに?

平成21年に
松江市立女子高等学校・観光文化観光科の生徒が、
「松江の雨を恵みの雨」ととらえ
「縁雫」えにしずく と名付けて観光甲子園にエントリーし、
みごと優秀賞を受賞しました。

まつえサードプレイス研究会は、
平成23年6月26日に「雨の日のまつえプロジェクト」を立ち上げ、
我々と彼女たちの想いをつなぎ、
カタチにすべく
活動に力と智恵を注いでまいりました。

「だんだん傘の設置」「雨の日の松江ライブ」「縁雫カクテル」「縁雫グッズ」
「テーマソング(水の都に雨が降る)の普及」
などの活動を通して、
市民の意識が変わりはじめ、徐々に雨をプラスにとらえ、
観光客へのおもてなしにも変化がみられつつあります。

三年目の今年は、さらにこの雨の日の魅力をより多くの方々に伝えるべく活動を継続していくために、
さまざまな事業を企画しております。

ご協力をよろしくよろしくお願いいたします。
チラシ等の配布もよろしくお願いします。

 
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
●縁雫月間スタートミニミニライブ

 <と き> 6月1日(土) 12:30~14:00
 <ところ> 松江駅縁結び広場
 ゲスト/浜田真理子・ノグチアツシ

 JR松江駅駅長内山さんの司会で、松江市長、市立女子高校生も参加。

 縁雫 えにしずく 月間を、
広く市民のみなさんに周知していただくために、
はっきりした形でキックオフします。

 当日は、JR西日本副社長も視察のためいらっしゃるそうです。

みなさんで盛り上げ、賑やかにスタートを!


どうぞ、皆様、雨の日の松江にお越し下さいね

明日をいい日に!
by mai-kitani | 2013-05-31 11:03 | お知らせ

2013.5.30 今日のつぶやき

b0174284_805577.jpg

6:00 モーニングセミナー 大谷公夫さんに経営の、経 と 営 についても
               お聞きする
8:30 書類整理
10:30 雲山荘 で知人の訪問
13:00 スタッフの顔合わせ会 兼 懇親会 兼 送別会
15:30 スタッフ打合会
16:00 市民活動センター フェスタ 委員長副委員長会

市民活動フェスタ、9月14日 に向けて
準備の実行委員会が立ち上がっています

今回は、プレイベントの 7月のJR松江駅のイベントをどうするか
(楽しいものにしよう!)
いろいろなグループや、団体のコラボを図ったり
コラボレーションについて情報交換をしました。

昨年のフェスタの、わいわい会で
出会った 
おもちゃを修理するボランティアグループと
おやこ劇場 さん
おやこ劇場のイベントに参加され、おもちゃの工場が大盛況だったとか

市民活動センターのりんりんブログをみられて
大阪のグループと松江の銭太鼓グループの交流が始まったとか


JR松江駅の、プレイベントも、
とても楽しいものになりそうですよ。乞うご期待!


明日をいい日に
by mai-kitani | 2013-05-31 08:07

選挙のこぼれ話というと、
たくさんあるのですが、
b0174284_2553792.jpg


選挙告示期間中に、
3日目頃には、
手を振ってくださる
沢山の方々。
お家の外に出てきて頂いたり、
ご家族やご夫婦で
窓から手を振って頂いたりしました。

それに、ある日は、靴を履くのが間に合わなくて
おうちから裸足で飛び出してきてくださった方が
6人も!!

なるべくゆっくり走っていたのですが
本当に、申し訳なく・・・


b0174284_2551859.jpg



明日をいい日に
by mai-kitani | 2013-05-30 02:56 | まい日

南相馬市の櫻井市長さんにお目にかって
覚悟を決めたことで、
私は2期目の立候補を決めることができました

市長さんにお目にかかりたかったけれど、
盛岡からどれぐらいの時間で
どのように行けるのか
松江でも東京でもよくわからなかったので
南相馬市役所に直接問い合わせました

JRの常磐線は、無理だけれど
福島からバスが運行されているということを聞きました

ともかく新幹線で、福島まで
行ってみることにしました
福島駅では「二つバスがある」という情報と
「一つしかない」という情報が交錯していました
(結局、ふたつのバスが運行しているということがあとでわかる)

3時間待った後、福島交通のバスに乗り込みました

b0174284_11392258.jpg

宿泊も、旅館組合の伊勢屋さんを紹介して頂き
そのご紹介で、無事、ホテル西山に宿泊できました
お風呂とトイレが共同の部屋しか残ってないと
ホテルの方が恐縮されましたが
とんでもありません
泊めて頂けてありがたかったです

b0174284_11391786.jpg

原町をひとりで歩いてみて
CATVを見て
周辺の方々の避難を、南相馬自体でも5万人近く受け入れておられることが分かりました

南相馬市のHPを見られると分かりますが
普通の自治体とはすることが異なる作業が
やまのようにあります
当然、普通の自治体としてもすることがあり、
産品の放射能状況など
仮設住宅に住む方、
・・・状況は、刻々と変わります

診療所などは、朝の7時前から
順番を取る列をつくっておられます。

南相馬市の、数多い放射線量ポストの計測値が
南相馬市内でも住めないところのあることを示していますが

危機状況化では、
首長や職員の、国への交渉技量によって
住民福祉はずいぶん違ったものになると思いました

CATVでは、
たけのこや山菜を採らないように注意が喚起されていましたし
見るだけで心が痛むこともありました
でも、市庁舎では多くの正職員さんを採用され
自分たちのまちを取り戻すことに
住民の方々のために全力を挙げて取り組んでおられることが
よくわかりました
頭が下がる思いでした

b0174284_11393626.jpg

b0174284_11393124.jpg

写真は、夜のラーメンや すず さん。
復興のまちづくりに燃える
鈴木修一さんのお店です。

みそラーメンと餃子が
格別に美味しかったです。

ここには全国から南相馬市に来た人たちの
名刺が貼ってありました

また、沖縄から介護士としてきた人とも知り合いました
復興のために尽くす若者たちが集います

またこさせてもらおう、と思いました

石巻、盛岡、そして南相馬

・・・・・・・・・・同じ日本の同じ時間を生きているはずなのに!



明日をいい日にしたいです
by mai-kitani | 2013-05-28 11:54 | まい日

22日 石巻 
仮設住宅の集会所に、ヒノキの端材で作る
ロボ木ー  (自分で作るロボ人形です)を
まつえ宍道湖ロータリーで、持っていかせて頂きました

子どもさんたちと作るロボキーは、
楽しかったです。
私たちにとっても、いやしの時間でした。
以前のブログで紹介させて頂いた通りです

津波で流されて、遺体がたくさんあったところは
まだ、その土地にかなしい記憶が残っているようで
いるだけでかなしくなりました。
そういう意味でも、手が付けられない場所が
多いのだと思います
b0174284_1111131.jpg


23日 盛岡 
全国経済同友会の、全国大会
大企業の社長さんたちがたくさんお集りの中で
参加させて頂きました。
駐日米国大使のルイス氏の基調講演でした

1。起業
2。女性の登用
3。若者の海外留学

これだけ書くと、普通のようですが
米国大使が言われたのは
「経営者よ、自ら変われ」という強いメッセージだと思いました


自分たち自身が、企業内留学で留学したキャリアを持つ
経営者たち、
またリーダーに駐日大使は聞かれたそうです
「あなた方の企業で就職、働く中で、留学経験はプラスになるか」
答えが「no]


自らが留学経験し、積み重ねてきたキャリアを否定したり
就職や社内で、留学経験をがプラスにならなければ
若者が留学しようと思うわけがない、と。

誇りを持って留学経験などの自らのキャリアを見直し
それをひとつのロールモデルとして
若者たちに提示しろと、
強く迫られた
そんな気がしました

(これも、その当時のアメリカにおける、
女性やアジアなどマイノリティーのためのポジティブアクション政策のひとつ
大学入学へのマイノリティー枠、のおかげなのですが
多分、そのことに気づいていない方が多いのでは?)

学校での時間の共有は、
絆や知り合いを作ります

それだけでも、その学校に行く価値がある。
「学歴」じゃないのです。
そんな紙みたいなものはいらない。
国や宗教を超えて、なにかあったときに
「ジョン、これどうなってる?」と
電話できる・・・ロビー活動もできる
そんな関係ができるのです

いま、アジアでそれをしているのは
中国、韓国、ベトナム・・・
日本はでてきません。
b0174284_1112028.jpg


顔のない日本人

カナダでは、中国人の女性と結婚する人は多いし
そういう意味では、中国系の子どもたちは
とても多いです

ヨーロッパでは、押し寄せる中国人留学生に辟易していた

でも潮流は変わり
「中国人を受け入れよう」と
ヘルシンキの小学校では中国語の授業まで試みに始まっている

北欧がリードしている国連の人権施策
それもきっと中国系の北欧人が
近い将来、活躍し始めることでしょう
北欧の代表としてね。

今の状況では、
そんな流れを日本は作ることができません

世界の中での日本の意見は、
ーーーメディアがいかに書こうともーーー
ーーー政府がいかに言おうともーーーーー
世界で通用しなくなりつつあるのです

世界の会議の場にいないからです

安部首相が世界に行っても
首相が出てくる時点では、全てはもう決まっていること
それまでのそのステップまでの人材が要所にいないのです

私も猛反省です
私たちの世代は、自分たちが受けた教育を否定してきたではないか
自分たちが受けてきた良い教育を
子どもたちにさせなかった
それだけ自分に自信がない世代なのでしょう
 

アメリカ政府は、政府がお金を出してまで
日本人の留学生を呼ぼうとしてくれています

それに応募する学生がいない

そんな日本の社会でいいのでしょうか?
市役所は、県庁はどうでしょうか?
インバウンドを支えられますか????


もう一度、身の回りを考え直しませんか
憲法に「国益」と書くことは、「国益」ではない
「国益」とは何か、国とは何か、そこを支える若者に
どんな教育をすべきか

ひとりひとりが考えて、できるだけのことをしませんか
資源のない国
人材が何よりの資源なのですから

駐日米国大使のお話は
衝撃波でしたね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それと、もうひとつ、
日本の政治家があれだけのことを他国に言えるかな
ということでした。
たいていの場合、「感謝」の言葉だけを述べて
深く考えた言葉を主張しない
浅い言葉を並べてきたのではないでしょうか
国連でもね
首相が話すときでもね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分自身の生涯にも誇りを取り戻せ
日本人は
日本という国の誇り以前に
一人のおとなが自分自身の生涯に、誇りを取り戻す教育が必要なのかもしれないと
考えました。

自分自身に誇りを持って考えたら
言えない悪口、できないこと
・・・・政治の世界でも沢山あるはずだと思います

これだけ違う
多くの大企業のトップリーダーは
バングラデシュで起業している日本女性のように
「金儲けのことなんて考えたことがない」という人に
「いままであったことがない」
と言われました

でもね、いま、日本人の多くはその考えになっていますよ
これだけ、違うのです

大企業のトップになるひとは勿論大変です
短期間でリーダーを交代して
そのときに会社の負債にも関与するという
いま、日本に多く見られる状況では
思い切ったことができませんよね

原材料費を安くするために、海外で生産しよう
と考えるのが自然かもしれません

でも、多分、それが違う

もっともっと規模を小さくして
マネージメントできるぐらいに2−30人程度に会社を分けていって
みんなが任せられなければ回らない
そういう会社にしなければならないのでは?という
経済同友会の、分科会の提言もありました

もう一度、自分自身を考え直そう
b0174284_1105988.jpg

この素晴らしい精神性の日本に生まれたことを含めてね

b0174284_1115139.jpg

最後の写真は、経済同友会の全国大会のオープニング
毛越寺の「延年の舞」です

白髪の老女が微々たる動きをする
これが長寿を寿ぐ舞です

本当にこの舞の、凄みは
年配者か
年配者と身近に過ごすひと
にしか分からないでしょう
私は、島根電工の陶山会長に
教えてもらわなければわかりませんでした

デザインも精神性も深い
この日本の一人に生まれた自分自身の
見つめ直しを

私たち一人一人が
迫られていると思います

日本は日本である、と。

明日をいい日に
by mai-kitani | 2013-05-28 11:17 | まい日

b0174284_15544721.jpg

b0174284_15545219.jpg

b0174284_15545326.jpg

b0174284_15545491.jpg

石巻、盛岡、南相馬、東京、松江
と駆け巡り、松江市に戻って来ました。

日本の各都市の状況の
現在の、

あまりの違いに愕然

今の日本に、一律の政策が
向いているとは思えません。

福井と島根の状況でも
違う国以上に
全く異なるのです。

どのような政策決定方法が向いているのか、国は?県は?市は?

と考え中です。

どのような社会の切り取り方をすべきか。


報告は、これから
一つずつしていきますね。

明日をいい日に
by mai-kitani | 2013-05-27 15:46 | 政治を想う

石巻に来ています


b0174284_841319.jpg

b0174284_841634.jpg

b0174284_841751.jpg

b0174284_841725.jpg

b0174284_841879.jpg

b0174284_841981.jpg

石巻に来ています。
22日は宮城県石巻で
宍道湖ロータリークラブの、
社会奉仕委員会です。

根っこやの、古安さんのお世話で
お知り合いの井上さんが、
一日、連れてくださいました。


石巻は、昨年の議会視察に引き続き、二回目です。

復興は、なかなか、です。
勿論、進んでいます。
1m近く地盤沈下したので、水道の
メーターが、高いところにある場所も多いです。むき出しになっているのです。

津波のあとは、まだまだ市内のあちらこちらに残っています。
ここが第一波、
この線が第二波
これが第三波、と
湊水産さんでは、壁のあとを見せてくださいました。

皆が車で逃げようとして渋滞で動けないところへ、
三mぐらいの高さに浮いた、大きな大きな何トンもある車が、周りを壊しながら近づいてくる。
これはダメだと、工場の上に皆で上がって一週間過ごしたこと。

北上川から逆流して戻ってくる水や
海からの高潮、その水の両方で
くるぶしぐらいまで水が引くのに
一週間かかったこと。
ーーー
テレビが設置されていた日和見山の
名残の桜も見せていただきました。
ーーー
東京から来て、働く方々のための託児所や
仮設住宅の集会所で、子どもたちの
居場所作りをしている、プロジェクト結ーゆうーさんを訪ねて、
島根県産のヒノキの端材で作られた、
自分で作るロボキーを100持って来ました。
皆がそれぞれに、自分のロボキーを
作ってもらい、私たちも楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ーーー
今日は、大崎を連れていただいてから、盛岡に向かいます。


明日をいい日に。
by mai-kitani | 2013-05-23 07:23 | まい日

今日は乳幼児学級で北消防署へやってきました
b0174284_10403846.jpg

b0174284_10403957.jpg

b0174284_1040409.jpg

b0174284_10404272.jpg

b0174284_10404222.jpg

さっきまで
出動していた救急車も、はしご車も、
戻って来ました。

お母さんも子どもたちも
みーんな、真剣!です。
b0174284_10404396.jpg



明日をいい日に!
by mai-kitani | 2013-05-21 10:33 | まい日

b0174284_1514823.jpg


街宣車でご用聞き?!
選挙期間中には、
サプライズがたくさんあったのですが
そのひとつに、
「街宣車でご用聞き」

というのがありました。

選挙公示期間中に
街宣車で市内を回っていると
多くの方が家から出てきてくださいます

市内の北部の住宅街を回っていると
家から出てきた方が
(初めてお目にかかる方です)
「日赤の救急部がなくなって、とても心配しているの。
なんとかしてほしいのよ。」
と言っていただきました。

普段、いろいろなところで
いろいろなご相談や、市政についての
また市域についてのご用を承りますが
街宣車でのご注文は、初めてでした!

それだけ話しやすいと思っていただいたのでしょう
ありがたいことです。

橋北


松江は世界一、橋の多い自治体になったそうですが
とりあえず、宍道湖や大橋川を境に、北の方を
橋北(きょうほく)、南の方を橋南(きょうなん)
と呼びます

今回の救急の問題は、主に橋北の方々や
広域で日赤にかかっておられる方々を中心とした
不安ともいえます
もちろん、
市内や近郊の大きな病院で、
疾患の専門的な住み分けができていますから
どの病院も大切なのです

日赤がだめなら、市立病院へというわけにはいかない
その理由

この高齢化社会ですから
地下鉄に乗れなくても自転車には乗れる
(地下鉄は松江にはありません 念のため)
という方々が多いですね。

免許を返納して
タクシーに乗られる方も多いです。
通院費を考えても、
当然、遠くへはなかなか移動できない。

心臓疾患の治療や、がん治療の通院や
重い病気についての、その後の通院をも考えて、
救急などもかかられます。

ということは、
再三、買い物 についても申し上げていることですが
医療についても、その地域に応じた
高齢社会の適正な移動範囲というのはある
のです。

日赤の救急部が崩壊したのは
もちろん、

国の研修医政策、

文科省と厚労省の綱引き、

医師の必要基準人数自体をどんどん減らしてきた政策

それで、地域の公立病院が
医師引き抜きのターゲットになっている


等々、理由は多数あるのです。

医師も看護師も絶対的に足りないままの
市域ですから
橋南の市立病院の横に新たな
夜間。休日救急室を作って
どうにかなるという話ではありません。

医師会も、松江市は半分以上が勤務医。
開業医は、勤務医ののOB

だから開業医の半分以上が
65歳以上。
65歳以下の開業医で
大病院の当直免除規定に当てはまる
内科、小児科、外科 の
開業医は、松江市ではごく少数です。

ですから、そこに一次救急をお願いしたいと言っても
協力はしてもらえるでしょうが、中核は無理な気がします

また
病院に来られる救急患者さんと
開業医に来られる患者さんは、違うのですよね

生協病院は、夜間の一般診療をやっていますから。

・・・・・・・・・
火のついたお手玉を押し付け合っているわけではないはず
日赤の救急の問題で言えば

「こういう簡単な症状ならば「地域のお医者さんへ」
「翌朝受診でいいですよ、」など
という、分かりやすい院内PR、
院内現場での、具体的な開業医への誘導
その他
医療政策としての県・市・医師会の連携PR
が必要です。

松江市は出雲市とは違う
東京とも違う

県立中央病院と 島根大学医学部付属病院 のある
出雲市とは、違うのです。

しかも松江日赤の設置者は、県知事です
もう一度、県主体で広域に考える必要があるのではないでしょうか

現在は・・・・・
県がああいったから、
メディアがこういったから
ほかではこうだから、
悪者になりたくないから
首長選挙があったから

という状況。

まるで火の玉でお手玉をして
押し付けあっているように見えます
そんなことをしたら、ただでさえ疲弊している医療現場から
モチベーションが下がり
人がいなくなってしまいます

現実に、現場の医師や看護師  さんたちと話してみるとわかります


政策策定前に
設置者と現場の対話が必要

設置者の行政首長は、ぜひ現場の医師や看護師と対話して
医療政策を作ってほしい

隣接する出雲と松江でも
これほど条件が違うのですから

・・・・・・・・・・
行政もメディアも、きちんとした情報を持って
広域に考えていただきたいと
市民は思います。


明日をいい日に
by mai-kitani | 2013-05-20 16:07 | まい日

屋久島での写真をアップ

b0174284_14564880.jpg

b0174284_14591247.jpg

b0174284_14582980.jpg

b0174284_1458438.jpg

b0174284_14563612.jpg


屋久島での写真が少なすぎるとのことで
もう少しアップしますね

何しろ、今回の屋久島は、負傷した家族を迎えに行った
負傷の治らない私たち

という感じでしたので。

でも、コレを見ていると
松江もすてきだな、と思うのです

松江画像も、アップしていきますね


明日をいい日に
by mai-kitani | 2013-05-20 15:05 | まい日