<   2012年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

水郷祭の翌日の早朝清掃も済み、
すっかり綺麗になった宍道湖岸です。
b0174284_12383462.jpg



収集されたゴミが、またまた収集され、
b0174284_7291952.jpg
b0174284_7292099.jpg

b0174284_7292023.jpg


ゴミ焼却場へと運ばれます
b0174284_7291975.jpg

ステージも解体作業。

運営企画、清掃、寄付、全てに関わられた皆様、お疲れ様でした!
by mai-kitani | 2012-07-30 07:15 | まい日

b0174284_349370.jpg

大出雲展が京都国立博物館で開催されます
7・28(土)から 9月9日(日)までです

需要文化財のみかえりの鹿
銅剣 銅矛 など


加茂岩倉遺跡の発掘がされるまで
発掘資料が少ないので出雲王朝はなかったとされていたのが
この場所の発見で、それまでに発見された全ての銅剣同矛を上回る数のものが
でてきてしまいました。
出雲王朝の存在は、はっきりしたわけです

「神代を今も生きる」出雲の意宇地方、松江の人間としては
「中世が今もある」
「江戸時代はつい最近の新しい時代」なのも当然なのです

神無月、(出雲部では 神在り月)の話を考えると
出雲では今も古事記や風土記、もっと前の国津神、天津神のお話は
作り話やシュールな象徴の話ではなく
現実の人々の歴史や戦いとして、
自然や霊や祖先や魂の話として
残っているのです

神社はまさに祖先や先人の鎮魂、敬愛の場であり
大いなる魂の力や皆の祈りの凝縮昇華の神聖な場です
魂が集う場所なのです
その中には、あらぶる魂もあり、苦痛や悲しみにひしがれた魂もあり
その鎮魂、癒しや、おそれと封印の場もあったことでしょう

聖徳太子は、仏教の魂を癒し仏にすがることによって
日本の宗教界の改革をし
しかもそれは、だから当然両立できた・・・だから
ずっと長い間、明治になるまで
神社とお寺は二身一体のものでありえたのかなと
地域の神社やお寺の関係性を見て、思います

昨日、相撲の元祖とも言われる武内の宿禰をお祭りする
武内神社の青木宮司さんの、神職「特級」昇進のお祝いがありました
青木宮司さんは、京都で行われる大出雲展のオープニング
に行かれて、とんぼがえりでのお祝い式でした

その席ではもちろん、
地域のお寺の方々も同席されるのです
・・・・・・・・・・・・・

私の浅はかな理解であれば
こんなに昔ながらの日本が残っている場所は
ほかに類を見ないな
京都、奈良 以前の日本
それが松江であり、出雲地方なのです

イザナギイザナミの命の、生き生きとしたお話は
ここにあります

宮崎で奈良で
神武天皇とその行動が生き生きと語り伝えられるのと同様に

「それ以前」のストーリーが、
この地にあるのです

・・・・・・・・・・・・
ある意味、あまりにもイザナミの命、母神様を慕って
全国から神樣方が集まられるほどの人徳、神徳であったゆえに
全てを統合し総合した太陽神は
母性として具現化されたるのが当然だったのかなと
想像したりもします

謎を知れば謎は深まるばかり

あなたもあなただけの、出雲や松江を発見されませんか

わたしたちや日本のこころのルーツを探しに
松江にいらっしゃいませんか
松江を、出雲地方をぜひご覧下さい

大出雲展は、京都で今日から開催です


明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-07-29 03:49 | お知らせ

b0174284_5393468.jpg

おはようございます!宍道湖に朝日が上ります。
今日は水郷祭ですね!



美しい宍道湖です。
対岸の様子です。
b0174284_5395578.jpg

b0174284_5395832.jpg

花火の観客席の席とりも皆さん万全の様子です
b0174284_5393669.jpg


湖と街がこんなに一体化している美しい所は、世界でも有数ですね。

今日もいい日に!!
by mai-kitani | 2012-07-28 05:30 | まい日

先日来、出雲大社に行ったり
天神祭としらかた本町、天神、たてまちのことを考えたり
愛宕神社のお祭り、
それに、飛騨高山のような、イベントはしない、という方針で
世界中から人を集めているような地域と・・・・
いろいろ比較検討し

観光が購買と農林水産業の活性化と
雇用の拡大を生まないかと
考えています


イベント
つまり、イベントは、やりようによっては
人材や地域資源の掘り起こしになったりして
刺激になり、有意義である
派手にも見えてよい
ただし、そのときには、うまい具合にその地にお金が落ちるように
できれば考えなければならないが。

イベントだけをずっと続けるのはエネルギーの無駄使い
消耗感だけが残るだろうから

それでも、イベントは地域の住民にとっては
面白いことである
名所旧跡は普段から日常であって、イベントは非日常であるから
地域住民にとってはイベントは、わくわく感や喧騒をもたらす
それ自体が購買につながるイベントは、少ない


祭礼
しかし、それがまちづくりではなく、祭礼のためであれば
テキヤさんに頼んで屋台を出してもらえばいい
住民は神事に専念したり、自分の商売ができるから

その場合は、来た人は喧騒を楽しむのだ

名所旧跡
神社や仏閣といった、住民にとっては日常のものこそが
他地域から来た人にとっての、非日常だ
だから、他地域のひとには、イベントをPRするのではなく
地域の日常をPRしなくてはならない

他地域でしているイベントについては
他地域でしているイベントのPRを
他県の観光客にしてもしても逆効果である
イベントは全国で同じようなものが行われていて
旅行をする人が、旅行をするから、である。
旅行をする人は、他地域のことに詳しいのである
真似をしたイベントは、あくまでマネにしか見えない
それが地域住民にとっていくら新鮮であっても
彼らにとっては
マネである可能性が高い

オンリーワンならば、もちろん別である


出雲大社の神話博は資源の発掘と、PR効果を生むであろう
他地域にとっては、大出雲展も大きなPRかもしれない
謎をみせるからである



観光客に提示すべきもの

その地域の日常性が、観光客への非日常を示し
それによって購買力を生むのであれば
特産品やすぐれた工芸デザインのもの、手作りの地域性のあるもの、
特色ある食べ物は
明らかに観光客の購買の対象である

だから観光客に提示すべきものは
日常にある食物や習慣や実用の美、その地域性なのである

また常にある名所旧跡であったり、習慣であり言い伝えである
それがストーリーと呼ばれる歴史である

松江や島根県は時々その逆をする
開府400年祭もイベント対象が県内向けであった
そのまま県外にPRしては、逆効果である

松江市内の多くのところでつくられたマップの中でも
法吉公民館に感心したのは
そこを理解していて書き分けているところである

松江のマップは24以上の公民館があればあるほど
優秀な観光地の趣をそれぞれに出している
こんな地域はほかにない

いずれにせよ
我々はこの地域のすばらしさを自覚すべきだと
本当に思う
観光客には観光客がほしがる情報を伝えなくては
PRにならないだろう


つまり、我々が全国や世界にPRすべきなのは
我々が当然とみなしているこの地のあふれんばかりの神社仏閣
その他、習慣や祭礼や食物などのこの地の生活文化である

ローカルPRはその逆である


・・・と思います
これがここ数日のところのいまの結論です



明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-07-27 23:02 | まい日

ひとのせいにはしない   高校一年の末娘のいわば座右の銘の詩です

これを、合唱曲にされた松下先生の委嘱曲を
彼女たちは全国大会で唱いました
・・・・・


自分の感受性くらい 茨木 のり子

ぱさぱさにかわいていく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
何もかもへたくそだったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


。。。。言葉の選び方が凄いです
by mai-kitani | 2012-07-27 08:52 | まい日

昨年もブログで話題にしました「藻」についての話です

このブログでいう、「藻」は、斐伊川水系の中の
「宍道湖」「中海」「大橋川」「京橋川」「天神川」その他、について、
ですが、佐陀川、剣先川、その他についてはまだ
目視の確認ができていません
b0174284_10502316.jpg


いわば下流域、ですが、
この目で見て把握している中で
言ってみます
。。。。。。。。。。。
まず、天神川の藻、については、これは悲惨な状況です
例年、5・6月頃にはしていた「藻」狩りが
昨年は遅くなり、昨年は
例年になく催促してやっていただきました

藻を刈る必要は?
藻は、刈っても刈ってもどんどん生えてきます
だから年に2回の藻狩りは全国的に行われています

天神川では、藻が刈ってないとないと、
スクリューに絡まり、しじみ漁の船が出ることができないのです
しじみ漁船も人が少なく、高齢化していて
広範囲の藻を自分たちで刈ることができません

橋北では
堀川遊覧船就航15周年、神話博もあり
本来、県管理河川、国の管理のところあり、
ということで、いま県が手作業で刈っているそうです

それで天神川では
従来されていた、天神川の藻刈りは
とうとう天神祭に間に合いませんでした
昨年も藻刈り船を出してくると
故障が分かり、そのために天神祭りにもぎりぎりになったのですが
今回もそうだったので
今回は天神祭も水郷際もおわってからになりそうです

天神祭の一週間前に業者さんが決まったのですが
やはり去年と同じくあけてみたら故障していたそうです

藻刈りの方法を
そろそろ、やり方自体、変えないと行けないのではと思います
河川の春から夏の藻の管理と「藻刈り船」の管理を
4・5年は同じ業者に任せて契約するとか
県が藻刈り船を買って、松江市は細やかに対応できるために
実行するところをするとか


藻は優良な肥料
藻自体がとても優良な肥料です
大根島の「表土」の黒い土は、中海の「藻」でできているそうです
その土が、肥料や人糞などが、肥料をたくさん必要とする
雲州産の高麗人参を育てたらしいですね

今も、藻刈り後、置いておいたらすぐになくなるほど、
良い肥料だと農家の方々は認識しておられます

藻刈りは、環境保全に大切
藻は、枯れると、
腐敗して、のり状になってきます
大橋川下流で、「メタンガスでは?」と言われているのは
私が見て専門家に聞いたところ
ほとんど、藻の腐敗です

昔は藻を刈ることによって、水系から
リンなどの栄養物を外へ出していました
それが、土からまた川へ流れ込み
水系としては常に養分を外へ出し循環する機能があったわけです

いまでは、化学肥料を使うため、外からどんどんリン分が
提供され、それが水系にながれ込みます
家庭排水などは整備されましたが
その分の外からの肥料は減らないし
外部へ出さないと、水の中のリン分は減りません


ですから、藻刈りは、
水系全体にとって
とても大事なことなのです

だから、私が藻刈りにうるさいのです


明日をいい日に



写真は、天神川東側の藻に、アオコがからまっている様子です
ぜひ対策を考えて行きたいですね
(冬には地域住民も出て、一緒に藻刈りをするとか、です
多くの地域ではそうしています)
b0174284_10501670.jpg


明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-07-26 11:01 | まい日

b0174284_7172598.jpg

天神祭 お疲れさまでした!
平日にも関わらず、すごい人出でしたね

このブログを見て屋台に出店して下さった方もあり、
友人たちにもとても感謝です

それに、企画が目白押しでした
雲南市からの出店もあり
雲南市は副市長さんも来られ
懸案の斐伊川上流・下流交流もされました

実はこの斐伊川上下流の地域交流については、
重要なことながら今まで何も行われていず、
昨年、松江の祭りに呼ぶなどの交流について本会議で質問しました
しかしながら、行政主体では妙なプライドや発想の固さがあり
難しいな、
市民活動なら、声をかけたらいいだけなのにと思っていました

必要を感じ、
祭りで交流された白潟本町さんとキーマンの皆様に拍手です
やはり、何事も市民の方々がされるのが一番だ、と
つくづく思いました
それに、よく見ると行政のこともあり
見えない気をとても使われたのではないでしょうか
ここがキーマンのキーマンたるゆえんですね



キーマン

天神祭や続きの聖徳太子祭りというたくさんの企画の陰に、
キーマン同士の結びつきがあります
いくつかの組織のキーマンを見ていると
圧倒的に男性が多いのです
「地域包括的」なキーマンとして認知されるのは
島根県では99パーセントが男性です

ところが、昨日そのキーマン男性たちのおひとりに言われたのが
まちづくりで本当に働いているのは女性だ
その女性たちをなんとか組織してもらえないか

率直に言うと、
日の目を浴びるようにすることができないか
また、リーダーとして参画し自分たちとともに
同等の仲間として動くようにできないかと
言われたのだと思います

女性がいまの地域状態でリーダーとして参画するには
男性語もわからないといけないし
そのしがらみや組織の論理もわかってあげて
それでいてそれをひとりで
もしくはたった数人で撃破しちゃったりする
そんな圧倒的なパワーが必要となります

残念ながら
まだまだ「女には何を言っても良い」風潮は社会の中に根強いです
「妖怪」だの「魔女」だのは、その良い例でしょう
これは女性から出た言葉ではないと断言できます
まあ、議会では日常茶飯事です

そんな風潮のなかで、
嫁に来るだけで20年から30年の新参者としてのハンディ
言い換えれば、ニューカマーとしての新鮮なセンス
風潮を打破できる言語的センス
強力に情緒的に安定したエネルギー
人脈。。。

男性たちは
男性の2倍のものを女性に期待しているのだということが
わかっているのでしょうか
そうわかっているかもしれない
わかっていないかもしれない
でも、いいじゃありませんか

どうでしょうか
女性たち、受けてたちませんか?
何よりも
明日をいい日にするために

どうか明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-07-26 07:18 | まい日

祭りのあとで

松江の夏祭りと言えば、天神さんのお祭り
それから、武ウッつあん(武内神社)の
お祭りで、シメ。

というのが定番です。

お祭りですっかりお金を使い
車を駐車場からだそうとして
ようやく探し出した虎の子の
5000円札は使えないとのこと。

ガーン、
と、ショックを受けて
開いているお店を探したら
・・・ありました!

京店のLAGでは喫茶もBARもOK(火曜から日曜まで26:00まで)

b0174284_235356100.jpg

そこでケーキ??のドリンクセットを。

この時間、お客さんは女の子ばかりの
おしゃれなお店です。


明日をイイ日に
by mai-kitani | 2012-07-25 23:45 | まい日

b0174284_20315868.jpg




貴谷麻以Kitani,Mai
by mai-kitani | 2012-07-25 20:31 | まい日

いまの、たてまちの様子です!
b0174284_1930467.jpg

今日は白潟天満宮の例大祭。
たてまちでは、聖徳太子祭りをしています。
ステージは、合銀 本店前、
天神ロータリー、たてまちにもあります。

天神さんの南側にもまわってね!
b0174284_19304786.jpg

b0174284_1930486.jpg
大学生さんも活躍してます。
これは、グリーンカレーとマンゴーラッシーです。
自家製シソジュースーお持ち帰り用もあり。じゃ頂きます。
by mai-kitani | 2012-07-25 19:15 | まい日