<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

6月24日 それは、長女の誕生日でもあるのですが
今年は、義母の一周忌の法事を行いました

前日に夫と入念な打ち合わせを行い
今まで、ほとんど私がしていたお寺との細々したことを
手分けしてたので
私は直会や茶菓の用意だけで
ずいぶん楽でした

9:00  大橋川改修の下流井手地区の現場説明会に参加             

b0174284_441237.jpg

これは、多分天神や宍道湖のオゴノリが溶けて打ち上げられたものです
藻刈りの必要がありますね

水路と水門
b0174284_4411310.jpg

「八幡から流れてくる水路の水門」、と地元の方
b0174284_4495992.jpg

「こちらは富士見ヶ丘からくる水路」
昔からの地元の方はさすがによく知っておられます
農地だったところに、鉄道がつき道路がついたので
見えなくなっていますが
水は至る所から大橋川に流れ込んでいるのが分かります
b0174284_4414100.jpg

これは、洗剤とかではなく
藻がのり状になったものです

神話と神社
この川の中にある潮盾島とその神社の話です
そもそも
「井手地区」というのは、井の奥という地区と、
手間という地区を併せた地区名です

手間、というのは、「古事記に出てくるすくなひこの神」のことだ
手の指の間からこぼれるほどの小さな神様だったということで
手間、というのだと教えて頂きました
この潮盾島にある神社は風土記にも出てくる古い神社で
「すくなひこの神」だけを祀ってある神社は、全国でもここだけだそうです

また、非常に由緒ある神社で
そのころの出雲大社と同じ高さだそうです

美保関に着いたすくなひこの神を、大国主命が見つけられ
一緒に国づくりをしようと誘われたそうです

すくなひこの神は、薬草に詳しかったので
薬神、また戦の神としても名高く
この神社で
出征の前にはここで大々的に祈願をされたり
また、医学部の研修生がここにお参りをしたりされるそうです

そういえば、島根大学長の小林先生が
出雲部でも意宇地方ーーーこの辺りは、日本の医学の発祥の地だと言われていました
薬草が有名で、
トリカブトのことも「おう」といったそうです
ということを、地元の方にお伝えしました

潮盾島が浸食されているので
固めた方がいいのではという話もありますが
翌日の島大白潟サロンでは、
固めない方がいいとの徳岡先生による話でした

対岸でしじみをとっているかたもあり
密漁では?という話もでていましたが
翌日の白潟サロンで聞いた話では、
それは密漁ではないという話です

・・・・ともあれ、やまのように
一カ所で話題が沸騰します
現場に行くと、これほどのお話が聞けるのです

潮盾島に、次回のお祭りのときに
渡らせて頂くということでお願いしました

そのあと、

10:00 倫理邦人会の 家庭倫理の会の島根県支部の立ち上げに参加
b0174284_4415115.jpg

法事だから無理と申し上げたのですが、なんとか、と言われ
私も、どんなに苦労して立ち上げられたか存じていたので
万障繰り合わせて出席させて頂きました
津田公民館で
本当におめでとうございました!

10:30 義母の法事に奥谷の万寿寺へ
京都から私の姉たちも来てくれました
11:00 法事
12:30直会  今回は、喫茶店を借り切って。
                 場所は分かりにくいが、
                 内容はすばらしいとカフェの評判も上々。
15:30 直会終了
16:00 雲山荘
16:30 京都の姉たちを連れて、歴史館の喫茶きはるへ
           現代の名工伊丹先生のお菓子を頂き、大量購入してもらう
17;20 松江駅へ送る
18:20 朝日地区の大橋川説明会に参加
          朝日公民館で  

          同じ大橋川改修と言っても800メートル離れると、全然問題が変わります 
         矢田地区と井手地区でも、課題は全然異なるのですが
         この地区は大橋川の上流部 
          こちらの課題は、内水対策、和多見川、逆流、それから降った雨の排水、
         浸水、また排水路が分からなくなっていることです
           水位が1.2Mなら逆流しないということ、水門をつけるという話
           とりあえず国。県。市。対策は着々ととられつつあります
          
19:30 京店で、ライティングデザイナーの内原さん(実は中高の先輩)や
          知人と水燈路、その他の打ち合わせを兼ねた
         美保関の神と海の祭典の直会に出席
22:30 帰宅
・・・・・・・・先日の、京店の「朝会」に出たので
             色々なことがわかり、
             人を呼び出したりなどして
            私なりに少しはお役に立てたかなと
             思う一日でありました

家族には相変わらず、クレイジー  なスケジュール
と言われました 笑

残念だったのは美保関まで行く時間が
少しもなかったということです。
片道1時間はかかりますものね。

今日一日、みなさま、おつかれさまでした

明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-06-27 05:19 | まい日

山陰政策研究会2012琴浦フォーラム
「いつまでも地域で暮らす 地域で福祉を考える」

日時:6月30日(土)午後1時
場所:鳥取県琴浦町まなびタウンとうはく(JR浦安駅となり
参加費 :   県議市議2千円、町村議千円、
                一般・学生は無料(資料代を含む)

( 昨秋、片山総務大臣(当時)や福嶋消費者庁長官を米子に招いて
全国政策研究会を開いた実行委員会が、
鳥取・島根の地方議員が集まったネットワークを大切にしようと
山陰政策研究会を立ち上げました。
そのお披露目が今回のフォーラムです。
私も主催者の1人です。)

琴浦町
4月から第5期介護福祉計画が動き出したことを受け、
徘徊模擬訓練ですっかり有名になった琴浦町で、行います

鳥取県の福祉を熟知した研究者、徘徊模擬訓練などに
取り組む琴浦町職員、
そして、国と県の政策に精通した鳥取県長寿社会課長から
地域福祉の現状と未来について
率直に話していただきます。


プログラム
鳥取県の現状と地域福祉の課題 
~今なぜ地域福祉が注目されるのか~
 
竹川俊夫・鳥取大学地域学部准教授

「国がつくる福祉」から「地域がつくる福祉」へ転換する背景。
高齢者の生活課題の動向や地域福祉のあり方。

認知症予防でまちづくり ~安心して暮らせる町をめざして~ 
藤原静香・琴浦町地域包括支援センター主査

 (琴浦町は浦上鳥取大学医学部教授の協力を得て、
65歳以上の介護保険未申請者を対象に、
ミニ講演と
タッチパネル式コンピューターでスクリーニング検査を行う「ひらめきはつらつ教室」を開き
、認知症への理解を深めています。
その取組について話していただき、タッチパネルも体験していただきます)

財政問題と福祉政策の関わり、介護保険制度の今後など。
(日野課長は京都大を卒業後、厚生労働省に入省。大臣官房総合政策課、老健局振興課などで勤務され、昨春から現職。36歳の新進気鋭の官僚で、国と県の福祉政策に精通されているそうです。)

問い合わせは琴浦フォーラム幹事の高塚勝・琴浦町議(090-5708ー9898)Eメールtakamasa@mx1.tcbnet.ne.jp)へ。当日参加も可
by mai-kitani | 2012-06-25 19:34 | お知らせ

松江市の児童クラブの状況です

5つは、改善が必要な状況です

急激に増加したのは
昨年、急激に希望者が増加したのは、
城西と竹矢です

小学校の在籍者数
小学校は、2・3をのぞいては
全部減少です
その傾向は今後変化がないと思われますが
減少率は落ち着いてきています
・・・というのか、もう減少できないところまできているのか?

保育所の在籍者数
毎年300名ずつの増加です
多くの保育所を作って頂きましたが
昨年度末の待機児童は300名を超えました

今年、橋南地区で
新たに150名の定員増が
予定されています

それでなんとか落ち着くのではないかとの
松江市の予測です

保育園の在籍者数が増えるので
その傾向とつながる児童クラブの
在籍者数は増えています

私は、いくつかの既存の保育園に
「児童クラブ」を併設してもらえたらありがたいなと
思っています
その卒園者が入ることになるからです

また、もし高齢者福祉施設に併設されれば
それはお互いにいい関係を生むことでしょう

明日をいい日に



明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-06-24 08:11

b0174284_6414719.jpg

なぜこの大事な一年を、消費税論議にばかり
時間を費やしたのか
これが、多くの国民の不満の種です

消費税の増収は些細なこと
たいして増えません
どころか税収全体は減るでしょう
だのに、その論議ばかりがなされているように見えます

・・・・
つまり、被災地支援は必要だが
「バブル」で膨らますのではなく
「効率よく」「スピーディに」対処しなくてはならなかったのが
できなかった

いまは、バブルになっています


中央集権で東京からリモートコントロールしているから
いくらでも不要な利権が入ってきて
そこにもお金を回すのが政治だと思っているので
無駄なお金になってしまう


違うことに使うべきなのです

「国にお金がない」
じゃ、どんなふうに節約するの?
経済をバブルにしないのが節約でしょう?
それで、それをほかの地方の必要なところに回すのが
大切でしょう

支えるのは日本の他の土地で、って言われていましたよね

バブルにして、対処は遅れて
消費税をあげるなんて、いまのいま
先行きを暗くして
不安感をつのるばかりです
税収も減ります

しかも消費税の使用先は・・・・!!!?


いまのままでは
いくらお金があっても足りません

消費税論議をすべきだったのでしょうか
一つの事業の無駄をなくし
必要な事業をどんどんしていく

事業をするのは「お金を使うため」ではないのです

消費税はなんのため?
先に説得されると
いま、消費税が必要なそんな気がしてしまいました
でも

その前に
事業の効率化の概念がなかったら
租税負担を解消しなかったら
日本はヨーロッパの多くの国と同じになってしまいます!
いえ、ヨーロッパより大変なことがたくさんあります

1。どうして小さな会社まで
国に変わって、人まで雇って
租税の徴収やその他の業務を代行しないといけないのか
これはとても重い税です

2。また、ヨーロッパよりひどいのは
日本は
狭い土地を投機や利権の対象にしているところです
土地を動かすだけでは、
実質経済には何も生みません
ヨーロッパでは、だから自治体などが多くの土地を
所有することができます
つまり、土地の登記を変えたことで利潤としているのですから
計算上
日本の経済統計そのものがバブルということになります

仕組みと法律を変えないと
大変なことになります

政治家の選挙の仕方と
民間からの政治アクセスの際の
法律も変えないといけないでしょう
いったいこの国の政治はどこへ向かうのか

メディアには、もっとがんばってほしい

どうしたらみんなの目が覚めるのか?
by mai-kitani | 2012-06-24 06:41

b0174284_634086.jpg

おはようございます
実行
一般質問が終わり、少し肩の荷をおろしたようでいて
まだ問題が解決していないのが現状です
頭が痛い問題が多いのです

真っ正面に向かい合って
諸課題を解決しようと言う姿勢が
なかなか見受けられないのが現状です

本会議の議場でけんかしても解決しないので
かっこいい喧嘩は、
なるべくしないようにしていますが
それでも言うべきことは言わなくてはならないし
あきらめずに言い続けないといけません

「やります」と答えたようでいて
「これは、やらないな」
というのが、分かります

それで、本会議が終わっても毎日
執行部とけんけんがくがくの
議論をし続けています

本当に議員というのは
いくら時間があっても足りないのです

実行する
それは執行部の人の性格にもよりますし
「仕事を作らない」のがいい職場人だと
思う勘違い、の存在にもよります

「仕事をしない」「議員の言うことを聞かない」
くて、答弁を受け流すのが
「いい議会対応」だと思っていればとんでもないことで
無茶なことや利権がらみならともかく
まともなことにまで答えないのであったら
いえ、まともなことにこそ答えないのであったら

この閉塞感の中
行政職員や市長に対する風当たりは強くなります

もちろん、その中でも
色々なことをやってもらっている
改革してもらっています

それについては、ありがたいと思っています


現場に出て!

自分が誰のために働いているのか
誰に喜んでもらうとうれしいのか
もちろん市民の方のためなのですが

それの分からない状況に
職員さんがあることが
一番問題です

だから、現場に出て、
と言っているのですが
(もちろん現場に出ないと
仕事に全くならない部署もあります)

それが分かってもらえない

のが
難しいところです

もちろん、分かっていて
どんどん動かれる方も実は、あります

そういう方がどんどん増えてくると
市民の方の住み良さは
格段に変わってくると思います

今は、そういう方々に
重荷がずっしりとかかっている
そんな状況です


それで毎日バトルしています 笑


明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-06-24 06:07 | まい日

今日の予定

いよいよ、夏らしい気候になってきました。

今日の予定は、
6:00 モーニングセミナー ホテル一畑
8:30 京店 朝会
10:00 ITC例会
13:55 市役所
大橋川説明その他
17:00 会議
19:30 会議公民館幼年部、
です。もう少し交渉がのこっています。

今日の日、もう少し頑張ります(^O^)/
b0174284_1433977.jpg

写真は、先日、すいてんかくの、
お料理に出ていた、
キュウリのカエルです。
by mai-kitani | 2012-06-20 19:03 | まい日

b0174284_22323885.jpg

明日議会の一般質問です

「一般質問」という時間は3日間で、私は3日目の水曜日が出番です

午前中の終わり頃か、午後の1番か、というところですね



今回、いくつかの質問をしますが、
教育や教育現場に関すること
児童クラブ
女性の施策に関すること
市民と職員さんの恊働のための信頼構築
松江を世界遺産に

と言ったことを質問します

明日の
11時ぐらいでしょうか

ぜひ、聞いてくださいね
by mai-kitani | 2012-06-19 22:33 | まい日

今日は、松江市議会の一般質問の初日でした。

今までほとんどあげてこられなかった
中小企業振興や、中心市街地、商店街や周辺地域の拠点集約について、農林水産業や、新エネルギーについてーまた、雇用や女性政策について、そして原発について
真政クラブでは
代表質問しました。

さてさて
今は宍道湖畔にいます。

黄昏。
釣りをするひと、
モロゲエビを採る人々など、
市役所前の宍道湖畔は今日も豊かです。


ランニングをする人も行き交います。

宍道湖と空は、
ターコイズブルーから
ダークブルーへと移って行きます。

夏の夜です。

b0174284_20182389.jpg

by mai-kitani | 2012-06-18 20:16 | まい日

b0174284_11515230.jpg


武内神社にお参りしてから

毎月、15日に女性の有志が竹矢公民館の横でされている
「よらこい喫茶」
にでかけさせていただきました
b0174284_1152776.jpg

もう10年続いていまして
いつも、たくさんの花々が
所狭しと飾られています

花々はみんな「よらこい喫茶」の女性たちが
自宅から持ち寄られたもので、
集まられた後、あっというまに活けられます

才能もセンスもすごいのです
b0174284_1241060.jpg



そんなすてきな場所ですから
たくさんの方々が来られます

すてきな笑顔でお出迎えです


また、血圧も測ってもらえます
b0174284_1251959.jpg


まず、ゲートボールの会場(横にある)にでかける方々がこられ
地域の方々
そして
地域のデーサービスにでかけておられる施設の方々も
次々と来られ、大盛況です

「こころ」さん、「らぶらぶ」さん、「陽恵苑」さん、と
みなさんが続々来られました

b0174284_11514628.jpg

しておられるのが
小学校区のいろいろな地域の女性たちですので
ああ、あのかたが、とか
今日もお元気だわ、とか
b0174284_1225746.jpg

情報もわかりますし
楽しく、美味しいですし
何よりも暖かいおもいやりにあふれています
b0174284_126735.jpg


地域をつなぐ
本当に最初から作られた思いそのままの
すばらしい場所となっていました

高齢者の方々が地域で住みやすくされるにはどうしたらいいのかなと
いつも考えるのですが
こういう活動こそが
地域を支えていくのだと
感動しました

ありがとうございます

b0174284_1221420.jpg

寒くて暑い(?)台所でがんばっておられる
ボランティアのみなさんです

明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-06-17 12:25 | まい日

日本の政策の問題は

行政側、政治家が確固たる倫理とルール
何よりもまちづくりの展望
それを持たないことです



小さいことならいいけれども
「どうしてこんなことにお金をつぎこむの?」
ということが多すぎるのです

「え?そんな工事が終わったの?
そんなお金があったら、
もっとほかのことに使えば
どんどん社会はよくなるのに」

とても大きな公共事業や
余分なことや無駄なことにお金を使い
ほかに使うお金がなくなるという状況です
結局投資効果が上がらないなどということは
よくあることです
。。。。。。。。。。。。

経営者さんたちがいろいろと「今存在する」事業に
提案されてきます
瓦礫処理しかり、その他のことについても。。。。
そこでの、「交通整理」ができない状況

それでいて、他の必要なところにも投資されていない

いまの
(仙台や盛岡といったバブル状況以外の)
地方都市にも
当てはまります

仕事を作ってあげた? 違います
他の人の仕事をとって無駄なお金にしている

だから7倍も8倍もの交通費をかけて瓦礫を消却する
当初、岩手が自分のところでしたいと言ったときに
断る。。。それならほかのところでしてもらうしかない
ということで、当事者からお願いさせる
東北全域の放射能も濃縮されて拡散する

多分、ここでの問題は、ほかのところにお金を回すために
その地での処分を断った政治、です
また、現地に横割りの権限を持つ役所がなく
担当課に権限がない
ということも原因でしょう
災害のリモートコントロールはできないのです

不景気で
特需もない地方に「仕事を分ける」その大義名分
それは、一年かかってようやく復興庁が東京にできた
動けなかった
そういうことを隠すための言い訳にもなり
いい考えだ!と、政治家や行政は
すぐそんな考えに陥るのです

「この事業で、こんなふうに拡大解釈して
ここにもお金をまわせないか」
「考えましょう」
ということだけではなく、
「もっとほかに必要とされ
社会をよくする事業があるから
そこに会社として協力してくれ」


と、行政や政治家が考えたり
言えないことが情けないのであって

民間の知恵やパワーや国税を
社会をよくする方向に使えていない

そのことが情けないのです


全てを知っているカリスマはいません
複雑な社会問題を
複雑なまま考えて多角的に解決して行く

住民もそれを期待しながら自分で動く
そんなふうに社会を変えて行かなくてはなりません

電力はどんなふうに足りないのですか
瓦礫はどうですか
現地の役所で企画したり処理できないのは
現場の人手が足りないからではないですか


隠されていることが多すぎて
判断もできません

事実でもって話し合いを
そうでないと日本はよくならない

明日をいい日に
by mai-kitani | 2012-06-17 11:15 | まい日