<   2010年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

b0174284_1773192.jpg



雪のため遅れている高速バスをみんな立って待っています

ただいま、49名が、立っていて、
40分以上遅れています。

・・・・・
「年配のかたも多いようなので、
椅子を出して頂けませんか」と言って
2階の事務所の方に椅子を出していただきました。

風岡さんと
福島さん、ありがとうございました。
30脚出ましたが、足りないぐらいでした

せっかく帰省したり、遊びに来たり
そんな方々に、しかも高速バスが遅れているのに
バスがいつ着くか分からないから、動けないし。
そんな方のために少しは考えたかったし
黙っていられなかったから。


いちばたの高速バスが遅れそうなときは
いちばたバスの人もバスの停留所に、来られます。
テルサにも乗客を呼びに来られますが
それは、いちばたバスについてだけなのです

高速バスの一番端に、風除けもできました。
それは、以前とは大違いです
一瞬だけでも乗るときの風をよけることができます。
その場所で、切符を確認したり
荷物を載せたりするのに風除けは絶対必要です。

だけど大阪の梅田やなんばのようでなくてもいいから
テルサの中に電光掲示板があったり
呼び出しがあったり
またひと坪程度の店舗で良いから
帰省客の多い時だけでも
一階に
何かあると観光客の方に、いいですね。
という希望が観光客の方からありました。

貴谷麻以Kitani,Mai
by mai-kitani | 2010-12-31 17:07 | まい日

2010,12,31のお天気

b0174284_1034016.jpg

昨日は、とてもいいお天気だったりしましたが

今日は、雪です
島根県周辺を目指す車は
そして
中国地方の西側、北側を走ろうと思っている車は、
チェーンかスノータイヤが必要です

高速道路もチェーンかスノータイヤがなければ
走行できません

みなさまお気をつけて!







貴谷麻以Kitani,Mai
by mai-kitani | 2010-12-31 13:34 | まい日

あまり寒いので、朝、ゆーゆ(玉造の温泉 車で10分)に
大阪から戻っている長女を連れて行きました。
(ここには、お土産もの、地酒等以外にも、近くでとれた野菜や
しじみ、お花、さつま芋や蒸しジャガイモなども売っています。)

松江には、公共の温泉が
たくさんあります。


ゆーゆでお花を買って
お墓参り。
(毎月のお花のお供えも
2年前までは、おばあちゃんにまかせきりだったのですがね。)

北掘周辺に寄り
それから
愛宕下の家のお仏壇をお参り

5年ほど前に伐採された桜の切り株を見て、哀しみを新たに。
近くの清光院の桜ぐらいあった、大きなものです。
切り株はおとなが4人がかりで手がようやく回るぐらいのもの
樹齢は何百年のものでした

傍に新しく桜の苗木(山桜)ー市役所で買ったもの
を植えてもらいました
30年ぐらいすれば花が庭に趣を添えるでしょう

     (家の維持は本当に大変です
      いつまでできるかな
      お金もないし、節約節約、です。)

     県外に出ている子どもたちの所帯も
     年間、学費100万。生活費200万。
     こどもたちがバイトしているとはいえ
     家計が苦しいはずです。
家から通うならまだ行けるかもしれないけれど
地方にいると言うことは
学資、生活の面でもこんなに大変です

国公立の学費を年間十万程度に戻す必要はあるでしょう
教育を考えない政治家の理由は
「票にならないから」
「これをやったと目に見えないから」
「かたちにならないところから削る」
という論理です

強力なロビー団体も少ないので、
民生費は一番削りやすかったのでしょう
こども手当以前に「教育」をなんとかしなければ
との、思いがつのります

・・・・・

そのあと
施設にいるおばあちゃんのところへ
行ってきました
おばあちゃんは眠そうでしたが
元気でした
聞こえが良くないと思って耳をみたら
耳栓になっていました
年が明けたら、おばあちゃんを
耳鼻科につれていってあげなくてはね

久しぶりに6人分のご飯を作り

ふとレコード大賞のテレビを子どもが見てたのを見て
「トイレ掃除」という曲を聴いて泣いてしまいました
テレビを見る時間がないから
初めて聞いたのです

それから町内回りを
・・・・・

それでも、年の瀬らしく、平和に。
平和に。
こんなに平和な1日を過ごせたことを
感謝します
by mai-kitani | 2010-12-31 11:55 | まい日

年の瀬ですね

子どもたちが約2名、県外から帰ってきました


子どもたち4人が家にいるのは、それでも明日だけ
長男は、北高の合唱部の友人と
宍道町の森林公園に泊まりに出かけましたし

長女は今日、帰ってきたけれど
1月1日のバイトに当たってしまって
また31日には、大阪に戻ってしまいます
(今年の1月に亡くなった母から先日夢の中で電話があり
「勉強すると顔つきが良くなるよ」
と言われたそうです(笑)
勉強しなさいね(笑))


浪人生の次男は
帰省した友人と
ひさしぶりに会って夕食をとっていました

中学2年生の末娘は
「お姉ちゃんが帰って来るのだったら
こんな部屋にしていたら何を言われるかわからない!」

戦々恐々で、部屋を片付けていました


そんな年の瀬です
今年もありがとうございました!
by mai-kitani | 2010-12-30 07:01 | まい日

年末、政党に望むこと、を考えてみました
政党がなければ国政はないからです。
来年の言葉は、希望、です。
私ほど政党に希望を抱いているひとは
いないかもしれません。



1.自民党に
私が望むことはただひとつ
国民がなぜ自民党に前回選挙でNOと言ったのか

分析結果を
国民に知らせて頂きたいと思うのです


なぜなら
多くの自民党の方が
「このせいで選挙に負けた」と
思っておられる部分と
国民が実際にNOと言った理由が
違うと思うからです
評論家が
自民党に対して、「国民の意見はこうだ」と言っていることも
国民の考え自体と
違うように思います

国民は賢くなっているので
その修正を早くして頂きたい、という声が多いです

前回衆院選の分析結果が修正されないまま
もし自民党が
女性問題や男女共同参画について、国連の勧告も知らないまま
      方向が間違ったままであったなら・・・
経済問題についても方向が間違ったまま
(聖域なき改革、小泉体制自体に、国民はNOと言ったのですから)
憲法の丁寧な取り扱いについても
教育問題についても
民生についても
総裁の選び方も      違ったままであったなら・・・


それでいて「選挙で国民の信任を得た
これはもう既に話し合って決着済み」と言われたら
再び
困るのは国民・・・

そして、聞くところによると
そういった自民党になる可能性は、大いにある
なぜなら、分析結果と変化が出ていないから、だ
そうです。

(年末、相変わらず好きなことを書いています
この意見が間違いであることを希望します)

私ひとりにしても不安は払しょくされていません

多くの国民が、不安を持っています
この不安が、もしなくなれば、
政治への希望が出てくると多くのひとが言うのです



2.民主党に望むこと

国際的な視野を持った政治家を
多数輩出して戴くこと
そのための候補者選定の方法を考えなおしていただくこと
大選挙区の投票方式を、世界の常識の連記制にすること
クオータ制の実施
です


結局、持参したお金によってだけで
比例区の順位が決まるようであれば
政治に刷新はないのではないでしょうか
そこを変えてほしいです

・・・・・・

どれだけ多数の国政に携わる政治家が
国際的に優れたバランス感覚とアンテナを持っているか。
それが国の命運を決める、と思います
by mai-kitani | 2010-12-29 23:54 | 政治を想う

サロンにひさしぶりにみんなが集まりました

大掃除をしてもらいました
b0174284_842391.jpg


ありがとう!
おかげさまで年が越せます

Nさん、Aさん、みなさん・・・・

感謝感謝です。

そして
「だいぶん元気が戻ってきたね」
と言われました
(見る人には見られてますね)

・・・・「だいぶん元気が戻ってきた」
確かにそう思います
整理してがんばらねば!

明日もいい日にします056.gif
by mai-kitani | 2010-12-29 08:43 | まい日

一昨日は、議会広報の原稿にすっかり時間をとられてしまいました

もっと早くできればよかったのにと反省

何度も先輩の
原稿修正したので、これでOKと思いきや

「これでは自分の言いたいことが載っていない」
と言われ
だんだんヒートアップ

「その文を載せるためには、もともとの原稿を
変えないと、合致しませんよ。ほら、ここにはこう返答があり・・・」
「でもこうでしょう」
「それはこちらの回答分です」
「もう、言うこと言ったから後は好きにして」

「いけません!(何度もこの言葉は聞いたので)
いま、仕上げないとだめですから」
と、先輩の腕をひっぱって

「ここは、こうでしょう。
これをどうしてもいれたいのですか。
じゃ、ここを削ってこうしましょう!
こうするしかありません」
「いやあ、大変だね」
「大変なんですよ!」

・・・・何人分もしていると
へとへとで
自分の原稿は一番最後に
適当・・・・に上がってしまいます

ああ、しないといけないことが
あったのに
母が亡くなったので
年賀状を出せないからと言う文を
ださないといけないのに


皆様もさぞお忙しいことでしょう
師走の時間は逃げてゆく・・・・・・・・・・・

明日もいい日になりますように056.gif
by mai-kitani | 2010-12-29 08:32

寒くなりましたね
お元気ですか


12月定例会の松江市の議会だよりを作っています

初稿の最終稿をあげなくてはなりません!

私の担当・・・・
「議会だよりの最終頁と
会派今回は10名の原稿集め、
その原稿のある程度の添削」

(このある程度の添削、の塩梅というのが
先輩ばかりで難しい)

今回は、他の人のものを集めるために
自分の原稿をあげるのを忘れていて!
(さあ大変。
委員会当日朝、ぎりぎりに作りました。)

委員会では、みんなが、けんけんがくがくで
仕上げていきます

委員会の途中で机の下から送られてくる原稿もあり
えー!!と声なき声をあげても
素知らぬふりをしたりしながら
なんとか仕上げています

松江市の議会だよりは
本当に松江市の議員だけの手によるものなので
事務局におまかせ、というのとは
全く違うのです

まだまだ良くなるはず
もっともっといいものを作りたいです

叱咤激励をお待ちしています


・・・・明日もいい日になりますように056.gif
by mai-kitani | 2010-12-26 12:56

経済同友会で地域主権、地方分権の講座がありました。

私は地方主権について考えるときに
いつも、放送大学の故阿部先生の政治学の授業を思いだします

アメリカでは、なるべく基礎自治体を小さくしようと住民が動く
基礎自治体で、できないことを州がする。
だから、州の役所は田舎にある

都会は州があまり関わらなくてもいいから
州の役所は都会におく必要はない。

(サンフランシスコ郊外の、色の統一された町、
毎年一回は必ず外壁を塗り替えることが義務づけられている。
このようなことも小さな自治体であるからできることです)

大パリ、大ロンドン

それにフランスやイギリス、中国、韓国の地方自治システムの違い。


勿論
実際に欧米を見に行かれた同友会の代表幹事は
そこをしっかりとらえておられました



防衛と外交は国が絶対にしないといけないこと
消防と警察は自治体広域で

それ以外のことをどうするかは
本当は自治体が決めること
それが地方主権です
by mai-kitani | 2010-12-26 00:26 | 政治を想う

米子のかわら版忘年会にいきました
米子今井書店の永井さんのお人柄に集まってくる人たちばかりです
人の心を映すかのように
米子駅前は美しくイルミネーションで飾られていました
b0174284_8494083.jpg


会場の米子ワシントンプラザで飾られていた
「大山王国」作製ポスター
b0174284_8382888.jpg

ひとつ1000円でレンタル可。
イベントで活躍中だそうです
b0174284_8491468.jpg

「1枚の風景につき、県民ひとりひとりが
10分説明できるようになってほしい」と
「大山王国」の石村さん。

石村さんとはテーブルの隣の席だったので
松江の「オウ」の地域ー出雲の国風土記と
古事記の源泉
について、ふたりで熱く語りました


b0174284_8491870.jpg

会場風景です
いろいろな市民活動をしている人や、会社の人たちが
集まって話をする場なのです
こういうものが松江でもできたらなと思います

さてさて、忘年会の後、松江から行ったメンバー3人は
私の車で帰ってきました
(高橋一清さん、Kさん、私。)
2時間お話させて頂きました

高橋一清さんは
ハーンの連続講座を早稲田で企画され
それを受講したほとんどの人が、みんな松江に来たくなったほど

その後
私たちは、
夜中まで
女二人で「言葉」
について語り合いました




・・・・明日もいい日になりますように
by mai-kitani | 2010-12-21 09:10 | お知らせ