<   2009年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

闘病している方、また家族の方へ

乳がんで、だいじなだいじな友達をなくしました
楠井みゆきと言います

豪快で元気で
松江では英語の先生をしていました
京都府丹後の出身で
口は悪かったけど
骨身を惜しまないその性格で
みんなに愛されていました

島根県に乳がんの患者の会を立ち上げて
10年がんばりました
「あけぼの会」と言います

社会をみんなでよくしていこうねと
いくつもの女性グループで
いっしょに動いてきました

彼女が市議選に出ていたら・・・
県議選に出ていたら・・・
私は
私たちは
力をふりしぼって
トップ当選させていたでしょう!

社会のために働ける人でした

「命の授業」をしたいと言っていた

その闘病人生は、わたしたちの心に深く刻み込まれています
あの気丈な彼女が
弱音を吐いた
苦しんだりしたその声とともに


いま、私の実家の母も
年を越せるか越せないかと
闘病生活をしています


闘病生活をしている方
家族の方
大変で苦しい
痛い
でも
あなたのおかげで
あなたが頑張って生きている
そのおかげで
薬がよくなり
病気についてわかり
介護についてわかり

わたしたちは
生きる覚悟をいただいています

闘病している方
介護している方
頑張っている方
苦しんでいる方

ほんとにありがとう
あなたがたのおかげなんです
わたしたちが生きているのは
そのすばらしい存在とご苦労のおかげで
わたしたちは生きています
by mai-kitani | 2009-12-30 12:16 | まい日

b0174284_1150092.jpg
b0174284_11501863.jpg
b0174284_11503318.jpg



松江市周辺で作られていた
「花もち」とか「いがもち」とか呼ばれているお菓子があります

米粒に色粉をつけて飾ったりしたものです
この写真はそのお菓子の型です
土器ではありません(笑)

この「型」は、近頃作られていません
でも売っているお店があります
松江市白潟本町の「木村陶器店」です
なくなられたご主人が、復刻されたものだそうです
あまり数はありませんが
「花もち」「いがもち」を作ってみたいと思われる方は
訪ねて見られてはいかがでしょうか
by mai-kitani | 2009-12-30 11:59 | お知らせ

いま、津山です
末娘の塾が終わってから松江を出発したので
12時になりました
今日はここで一泊して朝、京都に向かいます
一昨日も日帰りで京都へ。その夜は大門東の若者会との意見交換会
相変わらずバタバタ動きまわっています

058.gif今日はまちなかサロンを有志の人がお掃除

文書作りをしたり。
Aさんはすごい。100枚もあっといまに書いてしまう。

ありがとうございます。
みんな。
私にできないことを
松江市内中から駆け付けて
声をかけあって来てくださるので
ほんと、ありがたいです。
東大の大学院に行っている篤子さんの息子さんと
篤子さんも来てくれました
SさんもKさんもTさんも
みんな年末なのにありがとう!


058.gifこれからの定時制・通信を考える
今日、集まった人たちの中で
定時制高校の現場にいた人、いるひと、親、関係者などが
いました。
私たち、これからまた新たに高校のことを
いま、考えないといけません。
いっしょに考えましょう!
そのわけをこれからお話しますね

来春、宍道に、定時制の高校や通信が移りますね
工業高校の定時制の一部は、そのまま残るようですが。
関係者みんなの心配は
通信や定時制は、10年前には一か所集中だったけど
今頃はその弊害がわかってきたので
各地でそれを分散させている
と。
島根県は10年遅れて作り始めているのではないかとのことです

ふたつ考えないといけないことがあります
その1 宍道にできるのはいいこと それをどうするか
その2 放置してはいけない 単に若者を集めて効率的にということは
教育にはそぐわない

だから
1については、 もし、宍道で若者にアルバイトできるようなところが紹介されたりするとか
自由に活躍できる場所を提供するとか
真剣にバックサポートが動き始めたら
宍道の活性化にも、若者の自信にもなるでしょう。
若者目線でバックサポート進めませんか

2 については、10年先のことも考えなくては

先日、島根県の関係者に
宍道の高校や校区について尋ねると
「高校の再編計画を昨年決めたところだから」
と、島根県の関係の人に言われました。

住民のみなさん
これで引き下がっちゃいけません
こういうときこそ我々住民が考えないといけません
それが、時代に合っているのかどうか

いつも行政の縦割り的発想で
「これは県」とか考えてしまいますが
違いますよね。

それは松江市にあり
住民が多くいく、それが高校ってものです。

さあ、私たちが考えましょう
市職員の人も
視野は広く考えてくださいね~!

教育について松江市全体で考える新しい動きを作りましょう
先輩も当事者も保護者も
あなたもいっしょに考えて。
あなたの考えが松江市に、島根県に、日本に必要なんです



by mai-kitani | 2009-12-28 23:58 | まい日


019.gif大門東町内会の若者会との意見交換で・・・

この不況でどこも大変。
「地元企業に発注して」と、若者会の方々の切なる願い
034.gif私も6月議会で質問しました


県外企業の下請けをもらっても
利益はほとんどあがらない

地元活性化のために松江市の人は、リスクや指導の手間ひまをいとわず発注して!
そのためには「リスクが大きくても地元のひとを育てたり、ひまがかかる仕事をするひとを
評価する人事システム」
が、どおうやら必要みたいです

こういう意見がありました
「松江市の職員さんが
若い人を育てようとしたり、また地元企業を育てようとしたりして
リスクをとったら
今の市役所では
仕事を増やすことにもなるので
評価されるどころか白い目で見られるらしい」のだと
言います

どうでしょうか、部長さんたちに聞いてみましょう
by mai-kitani | 2009-12-28 03:32 | まい日

b0174284_1257530.jpg



高橋一清さんに、先日からお目にかかるきかいがふえています。日本の知
識人として有名な方です。
NHKラジオ深夜便を、聴いていた方も多いのでは?
京都の親戚にもファンが一杯。

松江で会いたい人というと、-高橋一清さん---と思う方も全
国的に多いことでしょう。
同窓会の旅行で高橋一清さんの講演会を目玉にするところもあるとか。

松江の観光文化ブロデューサーとしてどんどん前に出てもらうしかけを、
松江市としてやつていくと、きっとハイレベルな観光を提供できるはず。

貴谷麻以Kitani,Mai
by mai-kitani | 2009-12-27 12:57 | まい日

058.gif医療のこととことん本音
いくつも問題があるようですが
言われているようにそれは開業医の問題でもないのです
勤務医の問題でもない
自治体のせいでもないのです

政治とは不思議なもので
研修医制度一つにとっても
「省から厚労省の手に医師の人事権限を移したい」
とおもったひとがいるだけで
医局つぶしがされ
研修医制度を崩壊させ

じゃあ、
医学部では、なにをモチベーションとして学生を育てるのか
ということも考えられないまま
ただただ情報操作がされ
流された情報をマスコミはそのまま流してしまい
世論が左右され
いままで支えられたバランスと供給が
ばらばらと崩れていく、

そんなことも目にしました。
いまの医療の問題の重要な点のひとつは、
医師の人事に関して責任をとるひとが誰もいないということです
一生、同じ病院にいるわけではないのだから
医師には年功序列の退職金がない
報酬もあがらない
教育にはものすごく自己負担がかかる

国民皆保険の保険料内でしているからには、
そのもとの国がしっかり医療行政をしないと
医師はやっていけないのです。
「まるめ」
「院内薬局の消費税は持ち出し」

医師の下請け化、サービス残業の強要、
情報操作による恫喝、
これが行われはじめ、
加えて
人事の責任を誰もとらないシステムにした

医療の崩壊です
行政職員が責任なんかとれないのは
いわずもがなです。
首長も無理です。ただ、努力ができるのみです。

病院の経営でも
「インフルエンザ外来」を開業医の有志がし始めた。
でも、それが活用されない。
なぜなら
その患者さんの診療報酬が
大病院からなくなるのが怖いから
のようにも見えます
でも、大きな病院はそんなことをしていたら
医師がつぶれてしまう。
つぶれたら、再生は無理です。

では、どうしてそんなことをするのか
大病院でさえ、
いまの診療報酬ではやっていけない仕組みになっているからです。
「まるめ」とか、「院内薬局は消費税を持ち出し」
とかというのは、
「国によるサービス残業強要」です。
自治体でも28年、医師の報酬があがらなかったなんて
信じられないことをしているのですから。


国による「下請けつぶし」のようなこの方法
最初から仕組みにいれているのだから
人々が疲弊し
消耗し尽くすのは当たりまえ。

同じ方法が、福祉でも行われている。

もうやめて!
という感じです。
ちゃんと労働の対価を払いましょうよ。
医療や福祉や教育は、そして国は
どんなに「ひとの愛情と余裕」を必要とする場所か。


国の政治に携わる人は
本当に、どんなに大変なことをしているのか
考えてみれば
権力争いしている場合ではないのです。

私は怒っています
by mai-kitani | 2009-12-23 14:11 | 政治を想う

058.gif矢田のロータリー
矢田のロータリーに朝、立たせていただきました。

市民の皆様、ありがとうございました。

朝、立ったら、死ぬんじゃないかと思うほどハードな
毎日を過ごしていたので
「そんなところでひとりで立っていて倒れたら迷惑!」

という思いがあったので
朝、ごあいさつをしたいという思いがありながら
なかなか立つことができませんでした。

ようやく自分のスケジュールをコントロールできるようになってきたので
立ってごあいさつしました。
一年間、ホントにありがとうございました。

突然の立候補表明から
義父の死、義母の介護、実家の母の闘病、と
さまざまなことがあったなかで
ホーランエンヤの風に乗らせていただいたか
みなさまの
おかげで働かせていただいています

委員会に出席しながら
介護虐待の相談を受けながら
また自殺の相談を受けながら

そんな毎日ではありますが
少しでもよくしようと思っています

社会が微妙な動きの総体で
構成されていることを実感しています
by mai-kitani | 2009-12-23 14:02 | まい日

寒くてもHOTな松江に!

057.gif今日も寒いですね
みぞれや雪が降っています

みなさん、道路はゆっくり運転してくださいね

058.gif議会だより
018.gif私はこれから、
議会だより次回号の原稿、担当部分やその他をチェックしに
市役所に行ってきますよ~!!

003.gifみなさん、議会だより、どうでしたか?
議会広報委員会、がんばっているんですよ。
(涙)
これって、すごく時間がとられるのですよね。
058.gif議会毎回質問しています
それに私、気楽そうに毎回議会質問で
CATVに出ているようですが(笑)
ほんとは、議会ごとに毎回質問するのも
いろいろ駆け引きがあり、
やまのように質問しないといけないことから
取捨選択しているのです

それに服装まで考えないと行けなくて大変なんです(涙)
え?いつも青い服しかきてないじゃないか、って?(笑)

いえいえ、青はあおでも、いろいろとあり・・・(笑)

058.gifともかく
介護虐待やその他の相談がかかってきても
いままでの中央児童相談所やDVシェルター、その他の
経験のおかげで少しはお役に立てますし

調査やいろいろな相談に乗るのは
前からずっとやっていることですし
ひとのお役にたてる仕事っていいな、
これは私がやりたかったことだな、と思います。

058.gif議会持ち時間
しかし、1年に70分しか持ち時間がないのは
困ります
(一回に自分が喋る時間を15分程度として
4回質問できるように計算しながら質問しています)
ほかのひとの質問時間も欲しいです(笑)

066.gifささ、行ってこよ。
ちょうど議会事務局からお呼び出しです
永見さんが、
川島議員さんの原稿を預かってくださったみたい。
ありがとう、いまから議会へ行きます。

みなさん、寒いけどHOTな松江にしましょうね!
by mai-kitani | 2009-12-21 11:39 | まい日

ここのところ毎日
プラバホールか県民会館には顔を出しているような気がします

058.gifプラバホールのイルミネーション

b0174284_6495556.jpg
本当に綺麗!
(写真が上手でないので
その美しさを伝えられなくて残念
そういえば、以前プラバホールのイルミネーション点灯式に行きたかったのですが
出張が入って行けなかったのを思い出しました)

ぜひみなさん、夜、直接見に行ってください
内部デコレーションも素敵です
b0174284_6493476.jpg

玄関を入ったところの滝のような青いイルミネーションも。
今年は、いろいろな都市で
ブルーのイルミネーションが効果的に使われていますね

058.gif県民会館では恒例の余芸大会があり
かりゆしバンドやダンスなど、友人がたくさん出ていました

b0174284_6521672.jpg

これは、玉すだれ、のグループ。
吉野さんが楽しそうでしょ。
楽しくてボランティアができるって、本当にいいですね。
いろいろなところで呼ばれて出場されているようです。

058.gif陽だまりの会

スティックビルでは、陽だまりの会の講座がありました
b0174284_791720.jpg

添田さんや坂本さん、筆谷さんたちが
センスのいい講座を開いておられます
今回は、石原美和さんの話し方講座でした
受講生の平川さんがミニスピーチをしておられます

・・・実はこのようなさまざまな市民活動が
松江の住みやすさ、を担保する重要な基盤なのですよね
行政も議員も、市民活動をしっかり応援することが
大切だと思っています

応援のまず一歩は参加から。

このブログを見られた方、
ぜひ、行ってみてくださいね。
松江市の市民活動センターやボランティアセンターに。

by mai-kitani | 2009-12-21 07:16 | まい日