おはようございます

先日来、会う方の多くが
睡眠不足  です!

もちろん私もそうなのですが
努力して5時間寝るようにしています。

・・・・・・・
先日来、お目にかかる
多くの方々が

睡眠不足!!

私も一時、とても体調が悪かったのですが

もちろんストレスや不健康な食事

も原因

忙しさにかまけて水を飲まないのも原因

ですが、一番悪かったのが
睡眠不足!!

深い睡眠の時には、脳細胞が縮んで
その間に脳漿が入り込んで
老廃物を流してくれるそうです

それから、ストレス、忙しさで
酸素不足
で多血症

です

忙しくなると、みんな呼吸が浅くなるのだそうです。

そうですよね!!
デスクに向かいながら
また
考え込みながら
深い呼吸などしませんよね

鼻で息を吸って
口でゆっくり吐く

これが大事です
・・・・・・・・・・・・・・
いじめのことで怒り

さて、一件
いじめの事で教えてくださった方があり
そのことを教育委員会に告げて

教育委員会対応に
久しぶりに、怒り!!

でした。
・・・

「あ、そうですか。メディアの削除の仕方を教えます」と。
・・・そんなことはとうに知っています。
先生方は、24時間、各学校でメディア担当を決めて
不適切な携帯掲示板とか、ラインなどのパトロールを
しておられますから。

そんな話ではない。
そんなことで済ませていいわけがない。

子どもたちが、自分のしていることが
どう人権侵害で
どんなに重大なことで
絶対してはいけないことなのだと

今、身にしみてわかってもらうことが
大事なのです

また、「そんなことはするな
最低だな」と
生徒自身が周りで
声をあげることもできるように

ちゃんとした大人になってもらうのが
大事なのです

・・・・・・・・・・・・・・
「今、社会の基盤を作っているのだ」
という自覚をしてほしい。
生徒や保護者に向かい合って欲しいですね。
ものすごく上から目線でした。

「削除の仕方を教えますから」
「どこの学校ですか。この生徒の保護者ですね(違います)」
「このどこが問題なのですか」
(どうやらSNSの見方がわからないらしい)

挙げ句の果てには、数時間後に連絡が来て
「学校と対象生徒が特定できましたが
(数時間前に話し合ってわかっている)
これ、対応を希望されるのですか」

・・・(絶句)

つまり、こうですね
「これ以上いじめられないように対応を希望しない」と
親に言わせれば、
それ以後、教育委員会は何もしないわけです。
削除はしてもね。

でも、それは何の解決にもなりませんね。
教育委員会は楽ですけれど
これでは隠蔽工作と言われても仕方がない。

後で問題になっても「そういう訴えがありましたが
問題にしたくないと当事者の方が言われたので
できるだけのことということで
メディアの削除対応しました。報道関係には言わないでください。」
という声が聞こえてくるようです。この言葉は、そっくりそのまま、先日聞いたような気がします。

・・・・生徒の現場は
何も変わりません。
エスカレートするばかりでしょう。
教育現場も。


その後、また連絡あり。
「(いじめの加害者)と、被害対象児童の状況がわかりました」
(対応してくれと言わないと被害児童の状況もわからないのだ
ということが判明
ちなみに報告しろと言わないと報告もないということも判明)

・・・・しっかり言わせていただきました。
これを初期対応というのか。
私は、対応とは言えないと思いますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


教育委員会に必死の思いでコンタクトした保護者の方は
絶望するかもしれません。
それでいいのですか?

日常茶飯事 と思わずにね
真剣に向かい合ってください。

明日をいい日に

by mai-kitani | 2016-10-07 09:03 | 生き方

こちらが本当

こんにちは。

議会の一般質問の テレビ放映を見ていた方から

「別人のように元気だった」、

と言われました。

いえ、こちらが本当です。

というか、それでも6割に抑えています。笑

・・・・
議会の中で

自分が持っている羽を七重、八重に折りたたみ

小さな缶の中に

押し込めるような作業を積んできました。

高齢者福祉施設や、保育園を作ってもらうためのものでした。



でも

あまりに狭い小さな世界で

息が詰まりそうになっていたのです

・・・羽を広げることにしました



・・・・・

するべきこと、やるべきことを

本質から 貫いて

明快に

どんどんやっていくのが好き!  です。


物事をややこしくして

いろいろやっているふり

というのは、もう絶対!

・・・見ているのも耐えられない性格です。

・・・・・・・・
見かけは、おっとりしているらしく

ぬいぐるみのようでもあるのですが 笑

中身は、 砕氷船のようなもの



「狭き門」から入る

もうすでにやっている ことでは

大抵のことは解決できない

だから、あえて

手法も、狭き門から入ります
・・・・・・・・
b0174284_02390172.jpg
社会課題を

バリバリ氷を割って進む

「青い服を着た  砕氷船」みたいなものです


「氷の海をバリバリ割って進む砕氷船が好き」

という方で、

手伝ってくださる方、募集中です。



明日をいい日に

by mai-kitani | 2016-09-19 02:40 | 生き方