2017.10.28 小池さん と この衆議院選挙で 思うこと

おはようございます

この衆議院選挙、小池さんのことは結局どうだったのでしょうね

誰に聞いても

「あのまま波に乗っていたら政権交代だっただろう」
「波に乗っていればよかったのに」
と言う言葉が多勢

そう言うことだったのでしょうか

・・・・・・・
171.pngあの時、大阪の橋下さんが
「維新の会でも、結局は維新を利用して
(塾等もありました)
他の党から立候補したりした人がたくさんいた。
だから、人は選んだほうがいい。」

と言うようなアドバイスがツイッターでありました。

ある意味、小池さんは素直にそのアドバイスに従ったのですね。

でも、結局は、人の考えは自由なので
また拝金主義や、色々な罠、利権があるので
巧みな罠もありますし
人というのは、離れたりついたりするものです。

あのまま、ともかく波に乗って
変え続けていけばよかったのに・・・

女性セブンの記事にあったように
「女性の総理が出るかもしれない。日本が変わるかもしれない。」
という、大きな期待が国民の中に膨らんだことも確かでしたから。
小池さんが選挙に出ないということで
その期待は失望に変わったということですね。

また、お金がなかった。
しがらみがないということですが
国政は、流れなので、テレビ番組を作ったり人を派遣したりといった
資金が要ります。

小池さんは、メデイア番組は、袋叩きだったですからね。
どちらに資金があったかは一目瞭然です。
それを盛り返す番組を作るお金がなかった。

いい勉強をみんながしたのではないでしょうか
・・・・・・・・・・
そのあと、
結局自民党に票が入ったと思います。
(批判票は立憲民主党に)

麻生さんが言われたように
北朝鮮のおかげということも
多分にあります。

そういうことでは、自民党の大勝は
自民党の作戦勝利でしょう。

ただし、「安部総理にはもうやめてほしい戦争しそうだから」、という統計が
出ているのも確かです。
自民党が圧勝しても
内閣の不支持率は支持率を上回っています。
・・・・・
あれから「謙虚に」ということを
みんなが言うようになったから、社会のためにはよかったのでは

と言う人もいました。
・・・・・
安部総理は、安部総理として頑張っていおられるとは思いますが
戦争に進むバランス感覚では危険だと
みんなが感じ取っているのです。
・・・・・・・・・・
171.png核は、世界中でなんとか手放してゆくべきものであり
そうでないと地球は持ちません。

日本は、アメリカに従って、戦争している場合ではありません。
(そう言う意味で、自衛は必須です。中国の隣のチベットは、なくなりました。)
同時に、日米地位協定、日米合同委員会、日米原子力協定・・・これは
治外法権であり、差別密約であり、破棄改善すべきです。そうでないと
自衛隊は、単なる米軍第二部隊になってしまう恐れがあるからです。

その際、論理と気迫で責めなくてはなりませんし
官僚というものはルールで仕事をするものですから

171.pngもっと政治家が、しっかりしなくてはならない

171.png日本はもっと情報を集めなくてはならない
国内の情報だって国会議員に入っていません。
従業員5人以下の企業が70パーセント以上。そういった地方において5人以上の中小企業は儲かっているからもう景気対策は万全だから違うことをやろう・・・
こういう情報しか入らないのです。

・・・・・・・
今回の選挙でも
「核が要ります、電気料金を減らさなくては」という、まやかしを言って、まだ平気でいる候補が多いです。福島の廃炉費も8兆円以上になると言われています。それを再生可能エネルギー料金にいれているから電気料金が上がるのは当然です。原発があればあるほど電気料金は天井知らずになります。

自らの核で、地球が滅びる
「世界の核は手放すこと、そうでなくては、日本が核を持つぞ」と
世界中に言うべきです。ただし、日本は持ってはいけません。
そして核、そんなものがなくても
その国の核を、原子力発電所を
新しい兵器で攻撃すればその国は自滅します。
日本がその典型でしょう。
ただし周辺国もやられます。

マッカーサーは朝鮮戦争時に
核兵器利用を2回考えたと言われています。
結局、大統領に解任されました。
核戦争はできないのです。
してはいけません。

核の平和利用も
できないのです。
核開発は文明の破綻なのです。
動力に使ってはいけないものなのです。
(多くの物理学者が、今欧米で行われている、核を使った次元を超える実験に警鐘を鳴らしています。
ひも理論で、多くの次元がつながっていることがわかっているからです。)

アメリカに頼っていてもいけません。
アメリカの人種偏見は悲惨です。
(どうしてインディアンを皆殺しにできたのですか

ドイツやロシア、イタリアに落とさなかった原子爆弾を
日本に落としたのはなぜですか
第二次大戦時、日系人だけ、アメリカ本土で隔離されたのはなぜですか

どうして日本を開戦に追い込みましたか
今の沖縄の高江のヘリポート問題はどうして起こっているでしょうか。

基本は人種偏見です。
中国を相手にした核戦争の映画を見ても
まだ、日本は野蛮で二等国であり、敵國であると、現在考えられていることがわかりますよ。
(だから、国連の敵国条項は削除されないのです。
国際法学者によると、敵国と考えられているのは今では日本だけというのは定説です。)
そして中国に対する幻想を、小説その他で抱いているアメリカ国民は多いのですが
日本はその反対です。

私はアメリカ人もアメリカも好きです。でも日本に対する政治には頷けません。
特にトランプ氏までのアメリカのね。

171.png世界史、アジア史や、もちろん日本史など習っていないアメリカ人に対して
世界に対して、日本は何を周知してきたでしょうか
ほとんどしていません。

国会議員にはそういうことを考えてほしい
それも直ちに、なのです。)

・・・
日本には、外務省しかないので
色々な交渉がなかなかできません。
他国の謀略機関に、せめて対応できる機関やシステムを作る必要もあります。

171.pngまず、憲法改定ありきは、もってのほか
憲法改定の前に
どんな国を作るべきかという
国民的論議が必要なのです

近代憲法とは何か
暴政、圧政ができないように
国を縛るのが憲法です。国のあり方を決めるものなのです。
どこを変えて、どこを変えてはいけないか
どこが問題か

国民でまず憲法を読んで
国の形を考えてからです。改定は。

そうでないと
自国でやっているような形をとりながら
他国の思惑のまま   ということになります


まず、国のあるべき姿を
考えて
憲法を国民が読んで

他国の憲法を知って・・・(硬性憲法と軟性憲法のあり方など、ドイツでは憲法は変えてもいいが、この部分は変えてはいけない、と
きちんと決まっています。)
イギリスのあり方もまた異なります。
・・・
171.pngそして、最後に
政治家だけが権力を持っているのではない
ということです。

日本の空は
完全に米軍に支配されています。
基本、どこを飛んでもいいのです。

米軍が基地を自由に作れる現状では、
尖閣であろうが、北方領土であろうが、
領土問題の交渉はできません。
戻ってきません。
日米地位協定や、合同委員会の指示体制を変えなければ
プーチン大統領にも
前回同様断られるばかりです。

171.pngアメリカの、「軍産複合体への」従属国家であることについて
これはおかしいと国民が声をあげれば
日本政府が聞かなくとも、
民主主義国家は聞かざるを得ません。

政治家だけでは何もできない。
でも国民と政治が一緒になれば
できることはたくさんあるのです。

日本の復興は政治家任せではできません。
この美しい、古き時代からの日本から
世界を、日本を変えていくのは
実はまず、あなたからです。


多くのことを学びつつ、みんなで進んで行きませんか?
それは我々の子どもたちや
次の世代に、地球という青い星、日本という美しい土地を残すためです。


明日をいい日に


by mai-kitani | 2017-10-28 10:27 | 政治を想う