フィンランドの男性と女性の問題 。。タリア委員長に訊く

(フィンランドでは、何度も大掛かりな改革をしてきています。
それをしてきた、タイパレ夫妻のお家に伺わせて頂いたのですが
それはまた後日アップします)

給与の決め方
今回、タリア委員長にお訊きしたところでは
給与は、雇用者連盟と組合が話し合いで決めるのだそうです。
国なら、政府と組合で。

また、職場ごとに職種の名前ではなく
(例えば名目の理事長と現場では、現場の方が高い)
仕事の要求度に応じて給与を支払うよう
政府が指導
しているのだそうです

   これは現実的な制度だと思います
  日本では、「今は我慢していてあとでいい目に」
 という慣習がまかり通っているから
 社会の変化に対応できないのですね

 その業界での「10年後に回収する制度」、などは
他の人からは理解しがたいものがありますから
そこをメデイアが非難したら
業界とメディアの不信感が高まるだけです。


他の人がそこだけを改革したとしたら
ほかの制度が壊れますしね

日本を維持するには
この改革は必要だと思います
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、大臣がおっしゃるには
「女性が労働生活をしているから、ある意味、依存しないで済む」
しかも、学生の頃、給食は無料
6歳以下の子どもたちには保育の権利がある
最も重要なのは保育のレベルが高いこと


しかしながら、フィンランドにも問題がある、と。
男性は自分の健康がケアできていない
女性のサラリーが低い
若い男性の教育不足が切実

健康が悪くなると働けなくなる
働けなくなると税金を払えなくなる
社会を支えることができなくなる

・・・・・率直にものを言うことがフィンランド人の美徳ですね
大臣のお話に感心しました
by mai-kitani | 2012-05-25 11:56 | まい日